成田キャンパス

医学科

DEPARTMENT OF MEDICINE

医学部 医学科

メッセージ

理事長のごあいさつ

理事長 高木 邦格
学校法人 国際医療福祉大学 理事長 高木 邦格

国際医療福祉大学は1995年に開学した日本初の医療福祉の総合大学です。2017年4月、成田キャンパスに開設した医学部が2年目を迎えました。今年度も20人の留学生を含む140人の第2期生が入学し、国際性を重視した医学教育を行いながら、国内はもとより海外の医療協力でも活躍できる高い総合診療力を持った医師の育成に取り組んでおります。

大多数の科目で英語での授業を行い、協定を締結している世界各国の大学や医療機関での海外臨床実習を必修といたしました。キャンパス内には世界最大級5,300㎡のシミュレーションセンターが設置されており、附属病院を中心に90週もの診療参加型臨床実習を実施いたします。教員は日本の新しい医学教育を実践するため、海外での教育や臨床経験豊富な約300人を採用、このうち外国人教員は政府の要請である10人程度を大幅に上回る約30人が集まりました。

グローバルな医師をめざして国内外の俊英が集まってきております。このなかには1学年20人の留学生を受け入れており、将来は6学年で120人にのぼります。これほど多くの留学生が在籍するのは国内では極めて異例のことです。留学生にはベトナム、ミャンマー、モンゴル、カンボジア、インドネシア、ラオスの各国政府や大学から推薦されたその国のトップクラスの成績優秀者たちが含まれ、本学が学費から生活費まで全て負担する奨学留学生は母国の医療を担うリーダーとして、さらにはアジア全体の医療水準向上のために尽力することが期待されています。

本学には国際医療福祉大学病院、塩谷病院、市川病院、三田病院、熱海病院の5附属病院と臨床医学研究センターとして山王病院をはじめ、重症心身障害児施設や在宅ケアセンターなど多くの医療福祉関連施設があり、臨床実習施設が充実しております。さらに2020年4月、成田市に最新医療機器と充実したアメニティを備えた642床の国際医療福祉大学成田病院を新設いたします。海外の大学、医療機関との連携拠点となる「国際遠隔画像診断センター」や「感染症国際研究センター」、日本最大級の人間ドックセンターを備えた予防医学健診センターの設置を計画しているほか、多言語に対応できるスタッフの配置、食事などの対応、宗教関連スペースも設置するなど、これまでにない世界的なハブ病院をめざします。

今年4月には疾患の発症原因の解明をめざしたゲノム医学研究を推進するとともに、その研究成果を実診療に導入し、医療の質を飛躍的に向上させることをめざして新たにゲノム医学研究所や高度生殖医療リサーチセンターなどの研究部門を設置して最先端の研究を進めてまいります。

同じく4月には6つ目のキャンパスとなる東京赤坂キャンパスを開設いたしました。公衆衛生や医学専攻の大学院も新設、医学部と連携しながら感染症研究や遠隔画像診断にも対応することで、教育と研究環境が一層充実いたします。

今後も地域の皆様と協力しながら、医療・福祉・教育分野に貢献していくことで世界最高水準の国際医療拠点を構築し、成田市や千葉県の皆様からも国際医療福祉大学があってよかったと言っていただけるよう努力してまいります。革新的な医学教育を実践する本学医学部から、世界に羽ばたく医師が多数輩出されていくことを願ってやみません。

学長のごあいさつ

学長 大友 邦
国際医療福祉大学 学長 大友 邦 東京大学医学部(1979年卒)。米国ワシントン大学、ピッツバーグ大学に留学後、東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座教授。消化器領域を中心としたCT・MRIによる画像診断とIVRの発展に貢献。放射線診断専門医。日本医学放射線学会理事長、第70回・第74回 日本医学放射線学会総会会長、東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻長などを歴任。日本ラジオロジー協会代表理事。東京大学名誉教授。

国際医療福祉大学は今年4月、東京都港区に開設した東京赤坂キャンパスを含め、栃木県大田原市、千葉県成田市、神奈川県小田原市、福岡県福岡市および大川市の6キャンパスに10学部24学科を持ち、大学院まで含めると約8,300人の学生が学ぶ大学となっています。

「共に生きる社会」の実現を建学の精神とし、医療福祉の総合大学としての利点を生かした「関連職種連携教育」を大きな特長としております。これは、本学が臨床実習を重要視して整備してまいりました5つの附属病院と多数の臨床医学研究センターで、各専門職が協働して取り組む「チーム医療・チームケア」の理念を修得するものです。この理念のもと、23,000人に及ぶ卒業生は全国の医療福祉の現場で活躍しており、おかげさまで高い評価をいただいております。

こうした基盤を持つ本学医学部では、革新的な医学教育のもと、「チーム医療・チームケア」に貢献できる高い総合的診療能力と国際性を兼ね備えた医師を育成しております。

医学部では、世界水準を上回る医学教育を実践し、革新的なカリキュラムを着実に遂行するため、25名の専任教員が在籍する「医学教育統括センター」を設置し、学生一人ひとりの授業の理解度や実習の達成度などをきめ細かく把握し、適切で有効な指導を行っております。医学教育を担当する専任教員をこれほど擁する医学部は国内では例がなく、学生のサポートに対して大変手厚い体制を整備いたしました。

本学ではアクティブラーニングや少人数のグループ学修に取り組んでおります。アクティブラーニングでは、留学生と日本人学生が活発に議論する姿が多くみられ、グループ学修では7人組みの20グループに分け、1グループに必ず1人ずつ留学生が入るようにしており、日本人学生のなかに自然に溶け込んでいます。

日本人学生にとっても、文化や社会的背景、医療事情などが異なる国からの留学生と6年間ともに学ぶことは、さまざまな価値観を受け入れる柔軟な国際感覚を自然に養えるまたとない機会となるでしょう。

2018年4月からはⅡ期棟(WA棟)の使用を開始し、Ⅰ期棟(WB棟)と合わせて47,107.65㎡となり、充実した学修環境を整えています。新校舎の5階は大学院エリアとし、2018年4月、大学院に新設した「医学研究科」の「公衆衛生学専攻(修士課程)」「医学専攻(博士課程)」では、4月に開設した東京赤坂キャンパスと連携しながら、高度な専門職を養成してまいります。

医学部と大学院・医学研究科の設置によって、入院から退院までの各ステージで各専門職が安心かつ安全な個別化医療を提供する「国際医療福祉大学型チーム医療」が完成いたしました。これまでにない新しい医学部で、国際社会および地域社会で活躍できる医師をめざす多くのみなさんとお会いできることを、心から楽しみにしております。

医学部長のごあいさつ

医学部長 北村 聖
国際医療福祉大学 医学部長 北村 聖 金沢大学附属高等学校、東京大学医学部(1978年卒)。スタンフォード大学ポストドクトラルフェロー。東京大学大学院医学系研究科附属医学教育国際研究センター教授、日本医学教育学会副理事長として日本の医学教育をリードした。前東京大学医学部附属病院総合研修センター総センター長。2017年4月より現職。

ディプロマ・ポリシー(卒業時の到達目標)の最初に、医療プロフェッショナリズムを備えていることを掲げました。その根源は価値観。医療人としての責任は重く、いかなるときにも、いかなる場所でも、医療を遂行するというプロフェッショナリズムです。本学では、豊かな人間性および広い視野、確かな知識と技術、高い倫理観と使命感を持ち、国際社会および地域社会に貢献できる医師を育成します。

患者中心の医療(Patient-centered medical care)を常に実践してほしいと願っています。

医学生に求めることのひとつはアクティブ・ラーニング(能動的な学修)です。学生が主体性を持ってさまざまなことを吸収し、積極的に物事や事象を深く考え、課題を発見し、解決する能力を養うことです。その原点は好奇心であり、向上心でもあります。

もうひとつは、ライフロング・ラーニング(生涯学修)です。

医学や科学の進歩は速く、社会や患者のニーズも変化します。医師はその時々のスタンダードを学ばなければなりません。そして多様性のある社会に対応できる医師であることが求められます。百人百様のライフプランやグローバル社会の多様な価値観に寄り添う姿勢が、これからの医師には不可欠です。

私の好きな言葉に「生き残るのは強いものではなく、変化できるものである」があります。ダーウィンの言葉とされています。変化するニーズに対応できるフレキシビリティが必要です。学生たちが刺激しあって、活発なコミュニケーションを交わす、そんな医学部ができつつあり、期待に胸を膨らませています。

新しい医学部を創る主人公はみなさんです。明日の医師をめざして国際医療福祉大学に飛び込んできてほしいと願っています。