成田キャンパス

教育研究上の目的

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

成田看護学部 看護学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)看護職者として「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
  • 2)保健医療分野の発展に貢献したいと考える人
  • 3)他者を尊重し、誠実な人間関係を築くことができる人
  • 4)豊かな人間性を養うため、自らを磨いていける人
  • 5)主体的に学ぶ意欲と能力を持ち、努力ができる人
  • 6)柔軟な発想と探究心を持つ人
  • カリキュラムポリシー

  • 1)看護師・保健師として必要な豊かな人間性とアイデンティティを育成する。
  • 2)人間の健康に寄与する専門職として、看護の本質を追究する学習に主体的かつ創造的に取り組む姿勢を育成する。
  • 3)ヒューマンケアの専門職として必要不可欠なスキルを修得し、保健医療福祉分野におけるチーム医療において協働できる能力を育成する。
  • 4)物事の本質をみつめ、幅広く学問を探究し、論理的に思考できる能力を育成する。
  • 5)科学的な根拠に基づく判断力と、問題解決ができる基礎的な看護実践能力を育成する。
  • 6)国内外の健康課題を理解し、国際的な視野で問題解決を図る能力を育成する。
  • ディプロマポリシー

  • 1)人間への深い関心と尊厳をもって看護の対象を理解し、看護実践の場における倫理的な対処ができる。
  • 2)多様な学問領域に関心を持ち、人間や健康を学際的にとらえることができる。
  • 3)自ら学問を探究する姿勢や学習課題を明らかにし、課題達成に取り組むことができる。
  • 4)看護におけるさまざまな事象に対して、論理的かつ批判的に考え行動できる。
  • 5)他者の感情や体験に共感できるような感性を磨き、人間関係を円滑に築くことができる。
  • 6)個人、家族、組織、地域社会における健康課題を査定し、チームの一員として基本的な看護実践ができる知識・技術・態度を持つことができる。
  • 7)国内外における看護の機能と役割を追究する姿勢を持つことができる。

成田保健医療学部 理学療法学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)理学療法士として、物事に前向きで常に向上しようとする意志を持つ人
  • 2)理学療法士として、筋道を立てて科学的に考えることができる人
  • 3)理学療法士として、人の心の痛みが理解できる人
  • 4)理学療法士として、地域とのつながりを大切に考えることができる人
  • 5)理学療法士として、相手の立場に立って物事を考えることができ、「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
  • カリキュラムポリシー

  • 1)理学療法士の専門的な知識・技術を有し、利用者中心の理学療法を提供できる専門職を育成する。
  • 2)コミュニケーション能力、関連職種との連携能力と課題解決能力を育成する。
  • 3)様々な国の人々と連携、協働し、国際貢献ができる人材を育成する。
  • 4)常に向上心を持ち、生涯教育など自己研鑚できる理学療法士を育成する。
  • ディプロマポリシー

  • 1)理学療法学の専門的な知識及び技術を習得することができる。
  • 2)幅広い教養と寛容な精神を兼ね備え、チームの中で有機的な連携を図ることができる。
  • 3)「共に生きる社会」の実現を目指し、時代や地域のニーズに応えることができる。
  • 4)国際化に対応した幅広い知識・技能を修得し、国際的視点を持つことができる。

成田保健医療学部 作業療法学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)本学のアドミッションポリシーを理解し、作業療法士として「共に生きる社会」の実現に強く貢献したいと考える人
  • 2)作業療法学科のカリキュラムポリシーとディプロマポリシーを充分に理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち続け、作業療法士にむけた学修に積極的に取り組む人
  • カリキュラムポリシー

  • 1)作業療法士として、自己を認識し、冷静に他者を思う豊かな想像力を身につけた人材を育成する。
  • 2)人々のこれまでの生活や価値観を大切にし、社会生活を支える人材を育成する。
  • 3)従来の病院、施設に留まらず、人々の地域生活を支えるための専門知識・技術を備えた人材を育成する。
  • 4)保健・医療・福祉の発展に寄与するため、人々の個別性に着目しながら科学的・創造的探究ができる人材を育成する。
  • 5)異文化を柔軟に理解し、国際貢献できる人材を育成する。
  • ディプロマポリシー

  • 1)人々の生活や価値観が理解でき、前向きに生きることを支えるための医学的・専門的な知識・技術を修得することができる。
  • 2)広い教養と寛容な精神を兼ね備え、医療福祉チームの中で有機的な連携を図ることができる。
  • 3)科学的・創造的探究心を持ち、国内外問わず自らの活躍の場を模索し、広げることができる。
  • 4)人々が速やかに日常生活に復帰するために必要となる作業療法士の役割、他職種の役割を理解することができる。
  • 5)国際化に対応した幅広い知識・技術を修得することができる。

成田保健医療学部 言語聴覚学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)建学の精神「共に生きる社会の実現を目指して」に共感し、言語聴覚士を目指し学ぶ意欲を持つ人
  • 2)命の尊さを理解する心を持ち、他者を思いやれる人
  • 3)医療・福祉・教育などの分野の学問の発展に寄与するため、自らを磨き続ける人
  • カリキュラムポリシー

  • 1)言語聴覚士として、高度な専門的知識・技能を有し、適切な言語聴覚臨床を提供できる人材を育成する。
  • 2)大学院教育・生涯教育を視野に、常に向上心を持って自己研鑽できる人材を育成する。
  • 3)臨床家としての人間性を深め続けられる言語聴覚士を育成する。
  • 4)価値観の多様性を受容しグローバルな視野を持って国際的に活躍できる人材を育成する。
  • ディプロマポリシー

  • 1)言語聴覚障害学の基盤となる専門基礎科目の学習を基礎とし、科学的・論理的思考ができる。
  • 2)多岐にわたる言語聴覚障害に対応可能な臨床能力を修得し、体系的に実践できる。
  • 3)臨床実習を通し、臨床思考能力と臨床技能を修得し、体系的に実践できる。
  • 4)自らの専門職について主体的に探究し、資質向上のために努力し続けることができる。
  • 5)地域社会のニーズをとらえ、他職種と協働して、保健・医療・福祉・教育に貢献できる
  • 6)国際化社会に対応できるような幅広い知識・技能を修得し、グローバルな視点を持てる。

成田保健医療学部 医学検査学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)本学科の特質を理解し、臨床検査医学に対する明確な目的意識を持ち、医療の発展に寄与する意志を持つ人
  • 2)思いやりの精神を持ち、「共に生きる社会」の実現に向け、周囲と協働して国際的な社会貢献ができる人間性を持つ人
  • 3)臨床検査技師として、常に進歩し続ける臨床検査医学分野を自ら積極的に学び開拓する資質を持つ人
  • カリキュラムポリシー

  • 1)臨床検査技師として必要な基礎的知識・専門的技術を身につけた、高度医療に対応する人材を育成する。
  • 2)医療における臨床検査の重要性と使命を知り、倫理観やチーム医療の重要性を理解した人材を育成する。
  • 3)国際的に通用する表現力、問題解決力、コミュニケーション力を身につけた人材を育成する。
  • ディプロマポリシー

  • 1)医学・臨床検査に必要な基礎知識・専門的技術を持ち、高度医療に対応することができる。
  • 2)医療人としての使命感・倫理観を持ち、チーム医療を実践できる。
  • 3)国際人として、高いコミュニケーション力、表現力を持ち問題解決ができる。

国際医療福祉大学 医学部 医学科

  • アドミッションポリシー

  • 1)国際医療福祉大学および医学部の基本理念と教育理念とを充分に理解し、専門職業人として「共に生きる社会」の実現に貢献する強い意志を持つ者であること。
  • 2)優れた学業実績や英語能力を有し、将来、国際性を身につけ、国内外の医療需要に応じて、母国および国際社会における保健、医療、福祉分野の発展に貢献したいという強い意志を持つ者であること。
  • 3)自ら積極的に学ぶ意欲をもち、保健、医療、福祉分野における科学技術の高度化、専門化、および国際化に対応するための努力を継続できる者であること。
  • 4)幅広い教養と広い視野を備えた豊かな人間性を養うため、積極的に自らを磨いていける者であること。
  • 5)あらゆる人に対して自らの心を開き、コミュニケーションをとれる者であること。
  • カリキュラムポリシー

  • 1)医療プロフェッショナリズムの講義を専門教育と並行して行い、医師として必要なコミュニケーション、患者を大切にする姿勢等を学び、医学・医療に求められる高い倫理観の醸成を図る。
  • 2)大多数科目での英語による授業を実施すると共に、国際医療保健学、海外臨床実習等を必修とし、留学生と共に学ぶことで、国際感覚や英語による診療や議論ができる能力を身につけ、将来国際的に活躍できる医師を養成する。
  • 3)医学・医療に必要な、充実したリベラルアーツの講義を通じて、幅広い教養と感性を磨く。
  • 4)基礎医学と臨床医学を統合して教え、少人数教育を多用し、情報の批判的吟味、問題解決能力の強化を図る。
  • 5)充実したシミュレーション教育や診療参加型臨床実習等を通じて、知識・技術・態度のバランスのとれた、高い総合臨床能力を養成する。
  • 6)職種の異なる医療従事者がお互いの専門性を発揮するために、関連職種連携教育を通じて各職種の役割を理解させる。
  • ディプロマポリシー

  • 1)医師としての使命感・倫理観など医療プロフェッショナリズムを備え、患者中心の医療を実践できる。
  • 2)医療の国際化に対応した幅広い知識と高いコミュニケーション能力を持ち、海外の医療現場で活躍できる。
  • 3)広い教養と寛容な精神を兼ね備えたうえで、医学・医療に必要なサイエンスとアートを修得し、科学的思考力を基に質の高い医療を実践できる。
  • 4)医療現場の多職種と協調・連携できる能力および、各職種の役割や責任体制に関する知識を身につけ、将来、医療チームの中核的な役割を担うことができる。