成田キャンパス

理事長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

理事長 高木 邦格
理事長 高木 邦格

国際医療福祉大学は、医療福祉専門職の育成とその地位向上を志し、1995年に開学した「日本初の医療福祉の総合大学」です。医療福祉の高度化・専門化に対応できる高い技術と知識、優れた判断力と教養を併せ持つとともに、それぞれの専門分野において指導者となりうる人材を育成しております。現在、栃木県大田原市、千葉県成田市、神奈川県小田原市、福岡県福岡市および大川市の5キャンパスに9学部22学科を持ち、大学院まで含めると約7,800人の学生が学ぶ大学となりました。


国際医療福祉大学は、障害を持つ人も健常な人も、互いを認め合って暮らせる「共に生きる社会」の実現を建学の精神とし、「人間中心の大学」「社会に開かれた大学」「国際性を目指した大学」という3つの基本理念と7つの教育理念を掲げ、これらの理念のもと、優れた人間性を兼ね備え「チーム医療・チームケア」に貢献できる専門性の高い人材教育を行っております。


本学の特長として、附属・関連施設の充実と、各分野における第一人者による教育があげられます。栃木県の国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学塩谷病院、千葉県の国際医療福祉大学市川病院、東京都の国際医療福祉大学三田病院、静岡県の国際医療福祉大学熱海病院という5つの附属病院のほか、「臨床医学研究センター」という位置づけの関連医療福祉施設を多数保有しておりますので、実習面においても非常に恵まれた環境が整っています。また、栃木県の大田原キャンパス内には、障害者支援施設やリハビリテーション施設、特別養護老人ホーム、栃木県で唯一の児童心理治療施設、認定こども園、アジア有数の言語聴覚センターを併設した大学クリニックなど6つの医療福祉施設を併設しており、学生たちが日常的に高齢者や障害を持つ方と触れ合える環境は、本学ならではの特長の一つです。教育陣についても、学部長・学科長をはじめ、各分野の第一人者が実際に学生の教育にあたっているほか、附属病院および関連施設においても、さまざまな分野で著名な医師や専門スタッフが一丸となって、学生の臨床実習にあたっております。


本学は2017年4月、成田キャンパスに医学部を開設いたしました。この医学部は、東京圏国家戦略特別区域会議に成田市と共同で提案した「国際医療学園都市構想」の中で認定された医学部です。これまでにない、国際性を重視した世界水準の医学教育を行いながら、国内はもとより海外の医療協力でも活躍できる総合診療力を持った医師の育成をめざします。大多数の科目で英語の授業を行い、協定を締結している世界各国の大学や医療機関での海外臨床実習を必修といたしました。キャンパス内には世界最大級5,000m2のシミュレーションセンターを設置し、教員についても海外での臨床や教育経験が豊富な人材を多数採用いたしました。


140人の第1期生のうち、20人の留学生はベトナム、ミャンマー、モンゴル、カンボジア、インドネシアの各国政府や大学から推薦された全国トップクラスの成績優秀者たちで、授業料のほか在学期間中の生活費などを本学が全額負担するフルスカラシップで受け入れた彼らは、将来母国の医療を担うリーダーとして活躍することが期待されています。


さらに、2020年には成田市内に医学部附属病院を新設する予定で、海外の医療機関と接続して病理診断や放射線診断などを実施する国際遠隔診断センターや、海外からの感染防止を担う感染症国際研究センターなどを設置するほか、10か国語に対応できるスタッフの配置、ハラル食などの対応や宗教関連施設も設置するなど、これまでにない世界的なハブ病院をめざしております。


昨今、大学生の就職率低下が問題となっているなか、本学では、毎年約100%という就職率を実現しております。これは、これまでの卒業生の活躍をはじめ、国家試験合格率や教育の質の高さをご評価いただき、たくさんの求人をお寄せいただいた賜物です。全国の医療福祉の現場では、すでに21,000人を超える本学の卒業生たちが活躍しております。本学がめざす「チーム医療・チームケア」の実践に、今後新たに医師が加わります。将来の日本と海外における医療福祉分野を切り拓いていく優秀な人材が、これからも本学から多数輩出されていくことを期待してやみません。