成田キャンパス

作業療法学科

DEPARTMENT OF OCCUPATIONAL THERAPY

作業療法学科

在学生の声

池延 雅樹 さん
作業療法学科4年 
千葉県 
佐原白楊高等学校 出身

基礎知識を固めることが、
専門的な学びにつながります

筋ジストロフィーを患っている方と接する機会があり、自分に何かできることはないかと考えたのが、作業療法士をめざしたきっかけです。1期生ですが、他キャンパスで高い国家試験合格率の実績があるので、不安なく入学しました。作業療法士はさまざまな方を対象に治療するため、知識量がものを言います。そのため1年次から覚えることが多いですが、これらはすべて将来必ず役に立ちます。学年が進んで専門的な授業が増えてくるにつれて、早い段階から基礎知識をしっかりと固めておくことの大切さを実感するようになりました。
倉田 菜生 さん
作業療法学科4年 
茨城県 
下妻第一高等学校 出身

夢に近づいていると
実感しています

入学当時、先生が「作業療法士は、患者さんが目に見える形で回復していくのがわかる、やりがいのある仕事」と話されていました。それを実感するにはまだ至りませんが、料理やエコクラフトなどの作業を学ぶ「作業工程技術学基礎論」や、人の体の動きを分析する「作業分析学」は、少しずつ作業療法士に近づいていると感じる授業でした。真新しい実習着を着たときの感動は忘れることはありません。私は、患者さんとそのご家族から信頼される作業療法士をめざしています。そのためにも今は正しい専門知識をしっかりと身につけることを心掛けています。
鈴木 聖哉 さん
作業療法学科3年 
千葉県 
安房高等学校 出身

大学生活のすべてが
理想の作業療法士につながる

作業療法士をめざすうえで附属施設が多く環境が整っていることと、新しいキャンパスで学べることに魅力を感じ、進学を決めました。これまでは作業療法士としてのスタートラインに立てるように、作業療法の基本を自分自身の知識にできるよう心がけてきました。 成田キャンパスには同じ作業療法士をめざす仲間でも、いろいろな考えを持っている人がいるので自分ひとりで勉強していては身につかないことも多く学ぶことができ、1期生の先輩が大学生活のアドバイスをくださるので、人とのつながりを大事にしていきたいです。そして、将来は広い視野を持ち、優しさを忘れず、相手と同じ目線で接することのできる作業療法士になりたいと思います。
ガンチュルーン・ソロンゴ さん
作業療法学科3年 
モンゴル 出身

日本での学びを生かして、
モンゴルに作業療法を広めたい

日本の病院で働く姉の存在や留学生として国際医療福祉大学を卒業した姉の友人の話を聞き、私も国際医療福祉大学で学びたいと思い日本に行くことを決めました。日本との文化の違いや漢字の読み書きに戸惑うこともありましたが、作業療法学科の先生や日本人の学生が話しかけてくれて、勉強や日本のことを教えてくれるので毎日学校に行くのが楽しいです。授業は難しいですが、今はリハビリテーションや医療分野に関する知識が身につくように頑張っています。現在モンゴルには作業療法士の養成学校が少なく、作業療法士の認知度も低いので、日本で働いて経験を積んで、将来はモンゴルで作業療法士という仕事を広めていきたいと考えています。