成田キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

看護学科

在学生の声

山田 正輝 さん
看護学科3年 
茨城県 
水海道第一 高等学校 出身

将来、国際的に活動できる
看護師になりたい

国家試験の合格率が非常に高いことと、国際的な活動に力を入れる方針に魅力を感じ、この大学を選びました。 入学して感じたのは、学生の意識が高いこと。多くの友人がテスト前に限らず、普段からしっかり勉強し、将来に向けて努力しています。 また、学生と先生方との距離がとても近く、質問や相談などで頻繁に先生の部屋に行くことも。こうした環境もこの大学の良いところです。 将来の目標は、国際看護師として発展途上国へ行き、医療が発達してない地域で支援活動に携わること。 そのためにも、看護の勉強はもちろん、外国語の勉強も励んでいます。
阿部 尚 さん
看護学科3年 
東京都 
中央大学付属高等学校 出身

海外を視野に入れた
進路選択が可能です

看護師は病院で働くイメージがあったのですが、学んでいくうちに道はいろいろあることがわかりました。 看護師の中でもより高みをめざすなら、卒業後に専門看護師という資格を取得すればスペシャリストとして活躍できます。 臨床経験を経て空港で働く検疫官やキャビンアテンダント等になる方もいるそうです。 私は高校生の時から人の支えになれる仕事に就きたいと思い看護師を志し、海外研修があるカリキュラムに魅力を感じてこの大学を選びました。日本のように高度な医療技術や、医療機器がない国の人たちを、将来支えられたらと考えています。


髙須 海斗 さん
看護学科2年 
千葉県 
佐原高等学校 出身

救急救命の現場で活躍できる、
高い看護師スキルを身につけたい

幼い頃から医療系の道に進もうと考えていました。高校の担任のすすめもあって、国際医療福祉大学成田キャンパスが開学すると知ったときから進学を視野に入れていました。また、成田キャンパスでは海外研修が必須なので、自分とは違った生活や考えを持つ海外の方々との交流を通じて、医療を学べることにも惹かれました。入学当初は、専門的な勉強に対して、何から覚えたらよいのかわからず、戸惑うことがありましたが、学科の友人と相談しながら勉強していくうちに看護師になるための重要な部分が見えてきました。実習着を着ると看護師になりたい気持ちがさらに強くなります。将来は救急救命の現場で活躍できる看護師になるために日々努力していきたいと思います。
大西 奏音 さん
看護学科2年 
千葉県 
佐倉高等学校 出身

患者さん一人ひとりに寄り添うことができる看護師になりたい

祖母が看護師、知人の母親が保健師で、身近に医療職があり、仕事の話を聞いていたので、私も看護師として多くの人の役に立ちたいと思いました。2年生になって、より専門的・実践的な授業が増え、具体的な事例をもとに、さまざまな視点から看護師の役割について考える機会が増えました。また、他職種について学ぶ授業や他学科との合同授業で、多職種連携の重要さを実感しています。病院実習では、皆同じ「患者さん」と見るのではなく、一人ひとりにふさわしい対応の仕方があることを知りました。実習では毎回、医療現場で活躍するための発見があります。今後も大学での学びと経験をとおして、医療現場で活躍し、患者さん一人ひとりに寄り添うことができる存在になりたいと思います。