成田キャンパス

臨床工学特別専攻科

臨床工学特別専攻科

教員紹介

特別専攻科長/教授 南 茂

  • 専門分野

    臨床工学、体外循環、補助人工心臓、医療機器安全

  • 研究テーマ

    体外循環シミュレーション等による教育開発の研究

  • 研究実績

    【著書(共筆)】
    改訂第2版 医療安全管理実務者標準テキスト. 監修・編集 日本臨床医学リスクマネジメント学会. へるす出版, 2021
    改訂第2版補助人工心臓治療チーム実践ガイド. 編集 許俊悦, 他. メディカルビュー社, 2018
    新ME早わかりQ&A 2.人工心肺・補助循環装置. 編集 見目恭一. 南江堂, 2017
    心臓手術チームのための経食道心エコー. 編者 村田光繁, 他. 文光堂, 2017
    心臓麻酔ポケットマニュアル改訂版. 編集 野村実, 他. 羊土社, 2016
    ECMO: Extracorporeal Cardiopulmonary Support in Critical Care 4th Edition<日本語版>. 監修 市場晋吾, 他. ECMOプロジェクト, 2015
    【論文】
    Yuji Kiyose, Tatsuya Shiraki, Isamu Mizote, Daisuke Nakamura, Yasumasa Tsukamoto, Kensuke Yokoi, Hidetaka Kioka, Tomohito Ohtani, Shungo Hikoso, Shigeru Minami, Yasushi Sakata. Dynamic Nature of Nodular Calcification in Cardiac Allograft Vasculopathy. J Am Coll Cardiol Intv, 14(12):1378-1380, 2021
    南茂, 松本猛志, 加藤篤志, 吉田靖. 人工臓器-最近の進歩 体外循環技術(人工心肺充填液と人工膠質液). 人工臓器, 49(3):178-183, 2020
    峰松佑輔, 南茂, 高階雅紀. 医療安全を考慮した血液浄化装置の課題と展望 -今求められる機能と標準化-. 日本急性血液浄化雑誌, 10(2):89-96, 2019
    南茂, 松本猛志, 吉田靖. 各業務での新人教育の実際と指導のポイント 人工心肺・補助循環業務. Clinical Engineering, 30(7):613-622, 2019
    Shigeru Minami, Tatsuya Kurosaki, Shinji Ninomiya, Taijiro Sueda. Efficacy of the Pulse Pressure Generator during Cardiopulmonary Bypass Training Using the Extracorporeal Circulation Simulator, Hiroshima J.Med.Sci. 67(3):71-81, 2018
    Makoto Hibiya, Tetsuya Kamei, Shoji Kubota, Kyoichi Kemmoku, Koji Takai, Chihiro Saito, Atsushi Sekiguchi, Shigeru Minami, Hiroki Hayashi, Kiyoshi Yoshida, Noburu Motomura. Study Profile of the Perfusion Registry in Japan. Jpn J Extra-Corporeal Technology, 45(1):1-7, 2018

  • 学位・学歴

    東京電子専門学校医学電子科卒業
    広島大学大学院医歯薬学総合研究科展開医科学専攻、2018年博士(医学)

  • 職歴・学会

    【職歴】
    順天堂大学医学部附属順天堂医院胸部外科
    福岡大学病院手術部、臨床工学センター
    東京女子医科大学病院臨床工学部主任、部門長(循環)
    神戸大学医学部附属病院医療技術部副部長・臨床工学部門長
    大阪大学医学部附属病院医療技術部副部長・臨床工学部門長、臨床工学部副部長・技士長
    東京女子医科大学看護学部認定看護研修センター非常勤講師(2006-2015年)
    神戸学院大学栄養学部栄養学科生命栄養学専攻非常勤講師(2019-)
    森ノ宮医療大学臨床検査学科客員教授(2019-)
    【資格等】
    臨床工学技士、体外循環技術認定士、人工心臓管理技術認定士、第2種ME技術実力検定、American Heart Association(AHA) BLS Healthcare Provider(2005)、AHA BLS Instructor(2006)
    【所属学会・役員等】
    日本臨床工学技士会、日本人工臓器学会(評議員)、日本体外循環技術医学会(前理事)、日本小児循環器学会(評議員)、日本手術医学会、日本医療機器学会、日本冠疾患学会、The Asia-Pacific Society of Artificial Organs、大阪府臨床工学技士会(代議員)
    President of 2nd Meeting of The Federation of Asian Perfusion Societies

  • メッセージ

    臨床工学技士は医療技術の発展とともに活躍するフィールドは広がっており、チーム医療・医療安全の一翼を担う重要な医療技術職として注目されています。本特別専攻科は、さまざまなバックグラウンド(医療系・理工系大学等)をもった医療への志の高い方々が集まる学科です。ベースの知識を活かして1年間という短期集中の学修で臨床工学技士を目指す、他の医療技術職種にはない教育カリキュラムです。学生の皆さんに満足いく学習環境を提供し、「目的・目標」の実現のために教員も一丸となって皆さんをサポートしていきます。


教授 宮嶋 宏行

  • 担当科目

    情報処理Ⅱ(基礎)、情報処理Ⅲ(応用)、医療情報学、保健統計学、物理学、人間工学、電子カルテによるチーム医療概論

  • 専門分野

    医療情報学、人工知能、数理工学、ヒューマンファクター

  • 研究テーマ

    数理モデルを用いた生命維持に関する研究
    医療への人工知能の応用
    社会医学への数理モデルの応用

  • 研究実績
  • 学位・学歴

    日本大学大学院理工学研究科航空宇宙工学専攻、1995年修士(工学)、
    2005年博士(工学)。
    2016年より国際医療福祉大学総合教育センター教授、長年にわたり環境制御・生命維持システムの信頼性設計等の研究に関わる。
    2019年日本メディカルAI学会公認機械学習・深層学習基礎コース/メディカルAI専門コース修了。

  • 職歴・学会

    【職歴】
    雇用促進事業団千葉職業能力開発短期大学校航空機整備科講師
    雇用促進事業団石川職業能力開発短期大学校情報処理科講師
    東京女学館短期大学情報社会学科講師
    東京女学館大学国際教養学部国際教養学科講師
    東京女学館大学国際教養学部国際教養学科准教授
    東京女学館大学国際教養学部国際教養学科教授
    コロラド大学ボルダー校航空宇宙学科客員教授(宇宙航空生物学グループ)
    国際医療福祉大学教授
    【学会】
    日本航空宇宙学会会員、 生態工学会会員、 計測自動制御学会会員、 人工知能学会会員、 日本医療情報学会会員、 日本メディカルAI学会会員、 生態工学会会計理事、生態工学会編集委員会委員長、 NPO法人日本火星協会理事

  • メッセージ

    本学では、医療福祉の臨床現場に不可欠な「チーム医療・チームケア」を、学部学科の垣根を越えて実践的に学ぶことができます。その教育課程に2021年4月から臨床工学技士養成が加わります。医療機器が高度化・複雑化するなかで、医学と工学の両面を兼ね備えた人材を、附属病院と連携しながら育成していきます。システム工学、信頼性・安全性、マン・マシン系など、医療機器の操作・保守に必要な工学分野について、皆さんの学修をサポートしていきます。

  • 連絡先
    【E-Mail】h.miyajima●iuhw.ac.jp(●を@にかえてください)

准教授 小野 哲治

  • 研究実績

    1)小野哲治、有賀正浩.ファジー情報量とパース記号論を考慮した情報システムの導出方法.第7回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集2:15,2014.ISSN 1882-8957
    2)小野哲治、伊藤憲治、関本荘太郎、角田晃一、有賀正浩.光トポグラフィを用いた言語・非言語関連の脳活動解析.第8回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集3:25-27,2015.ISSN 1882-8957
    3)小野哲治、伊藤憲治、関本荘太郎、角田晃一、有賀正浩.光トポグラフィを用いた脈波成分及び緩変化値の解析.第9回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集4:1-6,2016.ISSN 1882-8957
    4)小野哲治、伊藤憲治、関本荘太郎、角田晃一、有賀正浩.光トポグラフィを用いた緩変化値の解析.第10回21世紀科学と人間シンポジウム抄録集5:1-14,2017.ISSN 1882-8957

    【researchmap】

  • 学位・学歴

    帝京平成大学大学院 環境情報学研究科 環境情報学専攻、2015年修士(情報学)

  • 職歴・学会

    【職歴】
    医療法人秋山皮膚泌尿器科(1990年)、
    東京女子医科大学救命救急センター(1994年)、
    医療法人社団博美会神奈川クリニック(2006年)、
    医療法人啓仁会吉祥寺南病院(2009年)、
    順天堂大学練馬病院(2010年)。
    読売理工医療福祉専門学校 臨床工学系学科講師(2012年)、
    群馬パース大学保健科学部 臨床工学科講師(2017年)。
    介護福祉士、第2種ME技術実力検定、臨床工学技士、三学会合同呼吸療法認定士、日本心理学会認定心理士。
    【学会】
    日本急性血液浄化学会、日本人工臓器学会、日本救急医学会、日本蘇生学会
    日本高気圧環境・潜水医学会、21世紀科学と人間シンポジウム

  • メッセージ

    「夢・希望」を持ちましょう。人は、夢・希望を達成するために目標や目的を立てて行動をするようになります。また、挫折しても必ず乗り越えることができます。
    大学での学生生活は人間形成のうえでとても貴重な時間です。多くの仲間を作り、さまざまな経験をしましょう。