成田キャンパス

入試情報

学生納付金

※横にスクロールしてご覧いただけます。

  一般入学者 医学部特待奨学生
納入年度
納入方法
納入時期
入学金 1,500,000 1,500,000 - - - - 1,500,000 -
授業料 1,900,000 950,000 950,000 1,900,000 950,000 950,000 - -
実験実習費 600,000 300,000 300,000 600,000 300,000 300,000 - 200,000
施設設備費 500,000 500,000 - 300,000 300,000 - 500,000 300,000
分割納入額 - 3,250,000 1,250,000   1,550,000 1,250,000 - -
年度合計 4,500,000 2,800,000 2,000,000 500,000
6年間総額 18,500,000 4,500,000
  • ※ 学生納付金の他に、教育後援会年会費30,000円および海外臨床実習のための積立金(毎年次70,000円)が必要です。
  • ※ 教科書代や臨床実習に関わる交通費・宿泊費・予防接種代・国家試験対策に関わる費用および同窓会費等が別途必要です。

2019年度 医学部特待奨学生制度について

最大6年間で1,400万円を給付。学納金が国立大学よりも安くなる!

本学では、医師を目指すみなさんの進学を経済的に支援することを目的として、「一般入試」および「大学入試センター試験利用入試」において特に成績が優秀な合格者の中から医学部特待奨学生を選抜します。医学部特待奨学生には奨学金として以下の金額を給付します(ただし、奨学金は各年度の学生納付金に振り替えます)。
医学部特待奨学生制度には特別な申請等は必要なく、本学医学部一般入試および大学入試センター試験利用入試の受験者全員が選抜対象となります。

  • ※ 入学金を除く6年間の学生納付金額は300万円となります(2018年度の国立大学の学生納付金標準額は6年間で349万円)

医学部特待奨学生になると...
国立大学よりも安い学生納付金*で医学部に進学できます

  • 一般入試の成績上位合格者から40人、大学入試センター試験利用入試の成績上位合格者から5人を医学部特待奨学生として選抜します。
  • 医学部特待奨学生には、授業料相当額 (190万円)に加え、実験実習費についても初年度は全額(60万円)、2年次以降は三分の二相当額(40万円)の奨学金を給付します(奨学金はすべて学生納付金に振替えます)。
  • また、本学医学部内における成績順位が上位50位以内に入った場合、翌年度も医学部特待奨学生として奨学金を継続して給付します 。奨学金の給付期間は、入学から最長で6年間、給付額は最大で1,400万円となります。
  • ただし、成績順位が上位50位以内に入らなかった場合および本学が定めるその他の医学部特待奨学生の資格喪失の要件 懲戒処分を受けた場合等)のいずれかに該当した場合には、原則として翌年度以降の奨学金の給付は行いません。
  • * 入学金を除く毎年次の学生納付金額:本学医学部特待奨学生50万円に対して、国立大学約53万円
  • * 入学金を除く6年間の総額:本学医学部特待奨学生300万円に対して、国立大学約321万円
  • 注:国立大学の学生納付金額は、2018年度の学生納付金標準額

医学部特待奨学生制度の詳細

  • 医学部特待奨学生制度の詳細

    特待奨学生を選抜する入試 人数 給付額 給付期間
    一般入試 40人 1年次:250万円
    2~6年次:230万円
    (毎年次)
    6年間
    (本学学則で定める修業年限)
    大学入試センター試験利用入試 5人
  • 医学部特待奨学生の資格継続について

    特待奨学金の奨学金給付期間は本学学則で定める修業年限とします。ただし、以下の項目のいずれかに該当した場合には、原則としてその後の奨学金給付は行いません。

    • 1)留年した場合*1
    • 2)転学科した場合
    • 3)本学学則で定める懲戒処分を受けた場合
    • 4)前年度の成績が不良の場合*2
    • 5)その他、奨学⾦給付を継続することが適当でないと学長が判断した場合
    • *1 休学による留年を除く。
    • *2 前年度の学部内における成績順位が上位50位以内に入らなかった場合。

2019年度 医学部留学生特別奨学金制度について

本学では、卒業後に母国のリーダーとして活躍できる医師の養成を目的とし、母国への医療貢献の意欲が強く、特に成績が優秀な留学生*1に医学部留学生特別奨学金を給付します。
医学部留学生特別奨励金には以下の3つの種類*2があり、留学生の希望と学力に応じ、留学性特別選抜入試の中で併せて選抜を行います。

  • 医学部留学生特別奨学金制度の詳細

    種類 給付額 義務年限*3
    ① IUHW Half Scholarship 入学金の半額および6年間の授業料等学生納付金*4相当額の半額 6年間
    ② IUHW Full Scholarship*2 入学金および6年間の授業料等学生納付金*4相当額 6年間
    ③ IUHW Gold Scholarship*2 入学金および6年間の授業料等学生納付金*4、寮費、食費*5、生活費*6、教材費*7、相当額 9年間
    • *1「特に成績が優秀な留学生」とは次の条件をすべて満たす者とします。
      ・①の奨学金については留学生特別選抜入試の成績上位合格者、②および③の奨学金については母国において同学年上位1%程度の成績優秀者であることが証明できる者
      ・英語での授業を受けるのに差し支えない程度の語学力を有する者
      ・卒業時に日本の医師国家試験に合格できるほどの髙い能力をもつことが期待される者
    • *2 ②および③の奨学金については、自国の政府等の推薦が得られる者で、本学が認めたものが選考対象となります。また、就学中、アルバイトを行うことは禁止されます。
    • *3 医学部留学生特別奨学金の給付を受ける者は、医師免許取得後、本学が指定する日本および母国の医療機関において上表の「義務年限」に記載された期間、医師として勤務することが必要となります(医師免許取得後の初期臨床研修期間(2年間)も、義務年限に含まれます)。
    • *4 授業料等学生納付金には、授業料、実験実習費および施設設備費を含みます。
    • *5 食費は、本学の学生寮で提供する食事(朝・夕)の代金支払いに充当します(寮での食事の提供が必要ない場合には支給しません)。
    • *6 生活費は、月額80,000円とします。
    • *7 教材費の給付対象は、学業に係る教科書代等の本学が認めたもののみとし、原則、年額300,000円までとします。
    • ※ 医学部留学生特別奨学金の給付を受ける者は、就学中、原則として本学の学生寮に入寮するものとします。
      また、6年生の1学期には、本学が指定する海外の医療機関での臨床実習に参加していただきます。
    • ※ 生活費、教材費相当額以外の奨学金は、入学金、授業料等学生納付金、寮費、寮での食費に振り替えます。
    • ※ 奨学金を給付される者については、学生納付金は一括納入のみとし、分割納入することはできません。