成田キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

教員紹介

教授 岡田 佳詠

  • 担当科目
    • <学部>

      • エビデンスベースドプラクティス、問題解決とアイデアイノベーション、プレゼンテーション技法、プロジェクトⅠa・b、Ⅱa・b,Ⅲ、リラクセーションの理論と実際、精神看護学概論、精神看護学方法、精神看護学実習、海外保健福祉事情Ⅰ、ベーシックケア実践Ⅱ(基礎)
    • <大学院>

      • 精神看護学講義(修士)Ⅰ (精神看護理論)、精神看護学演習(修士)Ⅲ (リハビリテーション精神看護)、精神看護学演習(修士)Ⅳ (治療的介入の実践)、精神看護学演習(修士)Ⅱ (治療的介入技法)、精神看護学研究指導(修士)Ⅰ (文献検索とクリティーク)、精神看護学研究指導(修士)Ⅲ (データ収集と分析)、精神看護学講義(博士)精神看護学研究指導(博士)Ⅰ (研究課題の明確化)、精神看護学研究指導(博士)Ⅲ (論文作成)、精神看護学実習(修士)、精神看護学講義(修士)Ⅱ (精神保健医療福祉制度)、精神看護学演習(修士)Ⅰ 精神健康状態評価方法、精神看護学研究指導(修士)Ⅱ (研究デザイン)、精神看護学研究指導(修士)Ⅳ (論文作成)、精神看護学演習(博士)、精神看護学研究指導(博士)Ⅱ (データ収集・分析)
  • 専門分野
    • 精神看護学
  • 研究テーマ
    • 認知行動療法の看護への応用
    • うつ病患者への認知行動療法の効果
    • 看護師への認知行動療法教育研修プログラムの構築
  • 研究実績
    • 【著書】

      • 岡田佳詠、人間関係論 第6章 カウンセリングと心理療法、104-124、医学書院、2018
      • 岡田佳詠(編著)認知行動理論に基づく精神看護過程 よくわかる認知行動療法の基本と進め方、中央法規出版、2016
      • 岡田佳詠、第2部看護のための認知行動療法の実践と研究 第1章うつ病の認知行動療法、白石裕子(編)、Challenge the CBT看護のための認知行動療法、78-103、金剛出版、2014
      • 岡田佳詠(単著)看護のための認知行動療法、医学書院、2011
    • 【論文】

      • 岡田佳詠、看護師のうつ病患者への認知行動療法の効果、20(1)、62-65、日本精神保健看護学会誌、2011
    • 【学会発表】

      • Yoshie Okada 、The Correlation between CBT by Psychiatric Nurses and Lecture Attendance Conditions in Japan、8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies (WCBCT)、2016
      • Amano T, Okada Y、Elements of Home Health Nursing for Patients with Severe Mental Disorders、21st EAFONS & 11th INC (21st East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conferences)、2018
  • 学位・学歴
    • 藤田保健衛生大学衛生学部衛生看護学科 大学卒業
    • 筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻 修士(カウンセリング学)
    • 聖路加国際大学大学院博士後期課程看護学研究科精神看護学専攻 博士(看護学)
  • 職歴・学会
    • <職歴>

      • 藤田保健衛生大学病院 看護師 1987年4月~1989年2月
      • メイトウホスピタル 看護師 1989年10月~1990年3月
      • 愛知県立城山病院 看護師 1990年4月~1992年3月
      • 東京女子医科大学看護短期大学助手 1992年4月~1995年3月
      • 杏林大学保健学部看護学科助手・学内講師 1995年4月~2001年3月
      • 聖路加看護大学看護学部講師 2001年4月~2004年3月
      • 淑徳大学看護学部准教授 2007年4月~2009年3月
      • 筑波大学医学医療系准教授 2009年4月~2017年3月
  • メッセージ
    • ひとつひとつの芽を大切に育てていきたいと思います。
  • 連絡先
    • 【E-Mail】yoshiok@iuhw.ac.jp