成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

臨床検査医学/主任教授 下澤 達雄

  • 専門分野
    • 臨床検査医学、内分泌学、腎臓病学、高血圧学
  • 研究テーマ
    • 高血圧発症メカニズムの基礎的検討
      エピゲノム変化を用いたバイオマーカーの開発
  • 研究実績
    • Shimosawa T, Ito Y, Ando K, Kitamura K, Kangawa K, Fujita T.
      Proadrenomedullin NH2-terminal 20 peptide, a new product of the adrenomedullin gene, inhibits norepinephrine overflow from nerve endings.
    • J Clin Invest. 96:1672-1676, 1995.
      Shimosawa T, Shibagaki Y, Ishibashi K, Kitamura K, Kangawa K, Kato S, Ando K, Fujita T.
      Adrenomedullin, an Endogenous Peptide, Counteracts Cardiovascular Damage.
      Circulation. 105:106-111, 2002.
    • Mu S, Shimosawa T, Ogura S, Wang H, Uetake Y, Kawakami-Mori F, Marumo T, Yatomi Y, Geller DS, Tanaka H, Fujita T.
      Epigenetic modulation of the renal β-adrenergic-WNK4 pathway in salt-sensitive hypertension.
      Nat Med. 17:573–580, 2011.
    • Shibata S, Mu S, Kawarazaki H, Muraoka K, Ishizawa K, Yoshida S, Kawarazaki W, Takeuchi M, Ayusawa N, Miyoshi J, Takai Y, Ishikawa A, Shimosawa T, Ando K, Nagase M, Fujita T.
      Rac1 GTPase in rodent kidneys is essential for salt-sensitive hypertension via a mineralocorticoid receptor-dependent pathway.
    • J Clin Invest. 121:3233-3243, 2011.
      Shimosawa T, the other members of The Japanese Society of Committee for Guidelines for the Management of Hypertension.
      The Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension (JSH2014).
      Hypertens Res. 37:253-392, 2014.
  • 学位・学歴
    • 筑波大学卒
    • 東京大学大学院博士(医学)
  • 職歴・学会
      • 1988年東京大学医学部附属病院内科研修医
      • 1989年東京都老人医療センター内科研修医
      • 1990年東京大学医学部第四内科
      • 1997年東京大学医学部第四内科助手
      • 2000年東京大学医学部附属病院検査部助手
      • 2005年東京大学医学部附属病院検査部講師
      • 2017年より現職
      • 東京大学大学院医学系、東京女子医科大学、聖マリアンナ医科大学非常勤講師
      • 東京都健康長寿医療センター協力研究員
    • 所属学会

      • 理事:日本機能性医用食品学会
      • 幹事:日本高血圧学会、日本心血管内分泌代謝学会
      • 評議員:日本臨床検査医学会、日本内分泌学会、日本腎臓学会、日本老年医学会、日本循環器予防学会、日本循環制御医学会、日本脈管作動物質学会、日本未病システム学会
      • Associate Editor: Hypertension Research, Editor; International Heart Journal, PLoS One, Hypertension Report
    • その他の社会的活動

      • 一般社団法人日本クラリネット協会副理事長
  • メッセージ
    • 研究マインドを持った方に多く集まっていただき、世界を舞台に医学研究を行えるように一緒に勉強しましょう。