成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 進 伸幸

  • 担当科目
    • <大学院>産婦人科学特論
  • 専門分野
    • 婦人科腫瘍
  • 研究テーマ
    • 若年子宮体癌の妊孕性温存治療、子宮体癌の低侵襲手術(センチネルナビゲーション手術)、婦人科腫瘍領域における化学療法、ホルモン療法の有用性、婦人科腫瘍領域における細胞診の意義、国際共同多施設臨床試験
  • 研究実績
    1. Susumu N., Sagae S., Udagawa Y., Niwa K., Kuramoto H., Satoh S., Kudo R.  Japanese Gynecologic Oncology Group.: Randomized phase III trial of pelvic radiotherapy versus cisplatin-based combined chemotherapy in patients with intermediate- and high-risk endometrial cancer: a Japanese Gynecologic Oncology Group study.  Gynecol Oncol  2008, 108:226-233
    2. Powell MA., Filiaci VL., Rose PG., Mannel RA., Hanjani P., Degeest K., Miller BE, Susumu N., Ueland FR. Phase II evaluation of paclitaxel and carboplatin in the treatment of carcinosarcoma of the uterus: a Gynecologic Oncology Group study. J Clin Oncol 2010, 28:2727- 2731
    3. Suemori T, Susumu N, Iwata T, Banno K, Yamagami W, Hirasawa A, Sugano K, Matsumoto E, Aoki D. Intratumoral CD8+ Lymphocyte Infiltration as a Prognostic Factor and Its Relationship With Cyclooxygenase 2 Expression and Microsatellite Instability in Endometrial Cancer. Int J Gynecol Cancer 2015, 25:1165-1172
    4. Kataoka F, Susumu N, Yamagami W, Kuwahata M, Takigawa A, Nomura H, Takeuchi H, Nakahara T, Kameyama K, Aoki D. The importance of para-aortic lymph nodes in sentinel lymph node mapping for endometrial cancer by using hysteroscopic radio-isotope tracer injection combined with subserosal dye injection: Prospective study. Gynecol Oncol 2016, 140:400-404
    5. Inoue O, Hamatani T, Susumu N, Yamagami W, Ogawa S, Takemoto T, Hirasawa A, Banno K, Kuji N, Tanaka M, Aoki D. Factors affecting pregnancy outcomes in young women treated with fertility-preserving therapy for well-differentiated endometrial cancer or atypical endometrial hyperplasia. Reprod Biol Endocrinol 2016, 14:2-8
  • 学位・学歴
    • 慶應義塾大学卒業 博士(医学)(学位記 第2706号)
  • 職歴・学会
    • 昭和61年5月 慶應義塾大学医学部 研修医(産婦人科)
    • 昭和62年6月 静岡赤十字病院 産婦人科医員
    • 昭和63年6月 大田原赤十字病院 産婦人科医員
    • 平成元年6月 慶應義塾大学医学部助手(専修医)(産婦人科学)
    • 平成 4年7月 日野市立病院 産婦人科医員
    • 平成 6年6月 国立がんセンター研究所病理部 研究員 ならびに国立がんセンター中央病院病理診断部 医員
    • 平成 8年3月 国立埼玉病院産婦人科 医員
    • 平成 9年3月 慶應義塾大学医学部 助手
    • 平成13年4月 慶應義塾大学専任講師(医学部産婦人科学)
    • 平成27年4月 慶應義塾大学准教授(医学部産婦人科学)
    • 平成29年4月 国際医療福祉大学医学部産婦人科教授
    • 日本産科婦人科学会 :平成19年より代議員(現在に至る)
    • 日本婦人科腫瘍学会:平成13年より評議員(現在に至る)
    • 日本臨床細胞学会:平成7年より評議員(現在に至る)
    • 日本癌治療学会:平成23年よりG-CSF適正資料ガイドライン改訂ワーキンググループ委員(現在に至る)
    • 日本組織細胞化学会:平成14年より評議員(現在に至る)
    • 日本サイトメトリー学会:平成17年より評議員(現在に至る)
    • 日本婦人科がん検診学会:平成27年より評議員(現在に至る)
    • 日本先端治療薬研究会:平成26年より理事(現在に至る)
    • 日本外科系連合学会:平成28年6月より評議員(現在に至る)
  • メッセージ
    • 日本だけでなく、世界中で認められる医療エビデンスを築き上げられるように学生時代から、高い目標、広い知識、広い語学力、そして、やり遂げる信念と体力を養いましょう。
  • 連絡先
    • 【TEL】03-3451-8121(三田病院代表)
      【FAX】03-3454-0067(三田病院代表)
      【E-Mail】susumu35@iuhw.ac.jp