成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 織谷 健司

  • 専門分野
    • 血液内科学
      免疫学
  • 研究テーマ
    • 免疫調節因子の同定と機能解析
      造血器腫瘍の発症・進展に関与する分子メカニズムの解明
  • 研究実績
    1. Oritani K, Okamoto S, Tauchi T, Saito S, Ohishi K, Handa H, Takenaka K, Gopalakrishna P, Amagasaki T, Ito K, Akashi K: A multinational, open-label, phase 2 study of ruxolitinib in Asian patients with myelofibrosis: Japanese subset analysis. Int J Hematol. 101(3):295-304, 2015
    2. Sekine Y, Nishida K, Yamasaki S, Muromoto R, Kon S, Kashiwakura J, Saitoh K, Togi S, Yoshimura A, Oritani K, Matsuda T: Signal-transducing adaptor protein-2 controls the IgE-mediated, mast cell-mediated anaphylactic responses. J Immunol. 192(8):3488-3495, 2014
    3. Satoh Y, Yokota T, Sudo T, Kondo M, Lai A, Kincade PW, Kouro T, Iida R, Kokame K, Miyata T, Habuchi Y, Matsui K, Tanaka H, Matsumura I, Oritani K, Kohwi-Shigematsu T, Kanakura Y: The Satb1 protein directs hematopoietic stem cell differentiation toward lymphoid lineages. Immunity. 2013 38(6):1105-1115, 2013
    4. Sekine Y, Ikeda O, Mizushima A, Ueno Y, Muromoto R, Yoshimura A, Kanakura Y, Oritani K, Matsuda T: STAP-2 interacts with and modulates BCR-ABL-mediated tumorigenesis. Oncogene. 31(40):4384-4396, 2012
    5. Yokota T, Oritani K, Butz S, Kokame K, Kincade PW, Miyata T, Vestweber D, Kanakura Y: The endothelial antigen ESAM marks primitive hematopoietic progenitors throughout life in mice. Blood. 113(13):2914-2923, 2009
  • 学位・学歴
    • 大阪大学医学部卒
    • 大阪大学大学院博士(医学)
  • 職歴・学会
    • 国際医療福祉大学医学部血液内科学教授、国際医療福祉大学病院血液内科上席部長。前大阪大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学准教授、前大阪大学医学部附属病院病院教授。
    • 日本血液学会代議員、元日本血液学会プログラム委員会委員。近畿血液学会地方会評議員、前近畿血液学会地方会事務局責任者。
  • メッセージ
    • 造血器腫瘍の背景に潜む遺伝子異常の解明が進んでいます。結果、新しい分子標的治療薬が開発され、治療成績が著しく向上しています。血液内科の分野は、長年にわたる地道な研究成果が臨床の場に応用され、活気のある診療科です。血液内科の醍醐味を皆さんと共有したいと思います。
  • 連絡先
    • 【E-Mail】oritani@iuhw.ac.jp