成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 佐藤 敦久

  • 専門分野
    • 腎臓、高血圧、内分泌(特に副腎疾患)
  • 研究テーマ
    • レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の腎臓、心血管系への関与
    • 原発性アルドステロン症の診断と治療
    • 糖尿病性腎症の発症機構と進展抑制
  • 研究実績
    1. Sato A. The necessity and effectiveness of mineralocorticoid receptor antagonist in the treatment of diabetic nephropathy. Hypertens. Res. 2015;38:367-374.
    2. Sato A, Fukuda S. A prospective study of frequency and characteristics of cough during ACE inhibitor treatment. Clin. Exp. Hypertens. 2015;37:563-568.
    3. Sato A, Hayashi K, Naruse M, Saruta T. Effectiveness of aldosterone blockade in patients with diabetic nephropathy. Hypertension 2003;41:64-68.
    4. Sato A, Sheppard KE, Fullerton MJ, Sviridov DD, Funder JW. Glucocorticoid receptor expression is down-regulated by Lp(a) lipoprotein in vascular smooth muscle cells. Endocrinology. 1995;136:3707-3713.
    5. Sato A, Sheppard KE, Fullerton MJ, Funder JW. cAMP modulates glucocorticoid-induced protein accumulation and glucocorticoid receptor in cardiomyocytes. Am. J. Physiol. 1996;271:E827-833.
  • 学位・学歴
    • 新潟大学学医学部卒
    • 1994年5月9日 学位(医学博士)「培養平滑筋細胞を用いた糖質コルチコイド高血圧発症機構の研究」(慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝科)
  • 職歴・学会
    • 1985-87 慶應義塾大学医学部内科研修医、1987-1989 国立栃木病院内科、1989-1994 慶應義塾大学医学部内科腎臓・内分泌代謝科助手、1994-1997 Baker Medical Research Institute (Research fellow)、1997-2005 水戸赤十字病院内科部長、2005-国際医療福祉大学三田病院内科(2015- 副院長)
    • 日本腎臓学会学術評議員、日本内分泌学会評議員、日本高血圧学会評議員、日本心血管内分泌代謝学会評議員、日本結合組織学会評議員
    • 日本内科学会、日本ステロイドホルモン学会
  • メッセージ
    • 医学の進歩は著しく、加速的に細分化され高度な専門医療が可能になっています。また今後は機械工学と人工知能 (AI)が医療の現場にも大きく関わる時代になります。しかしどんな時代になっても、医療の基本は常に患者さんに向き合う真摯な態度と人間的なやさしさです。医学という学問を追求し、ヒューマンな心を持った医師に成長してほしいと思います。
  • 連絡先
    • 【TEL】03-3451-8121
      【FAX】03-3454-0067
      【E-Mail】atsu-sa@iuhw.ac.jp