成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

腎泌尿器外科学/主任教授 宮﨑 淳

  • 専門分野
    • 泌尿器科学
  • 研究テーマ
    • 土壌抗酸菌細胞壁成分の糖脂質によるアジュバント製剤の開発
      土壌菌菌体成分であるミコール酸による抗腫瘍免疫製剤の開発
      BCG細胞莢膜成分を用いた、全身投与可能な新規癌治療製剤の開発
  • 研究実績
      1. Miyazaki J, Nishiyama H. Epidemiology of urothelial carcinoma. Int J Urol. 2017 May 21. doi: 10.1111/iju.13376. [Epub ahead of print] Review. PubMed PMID: 28543959.
      2. Kojima T, Kawai K, Miyazaki J, Nishiyama H. Biomarkers for precision medicine in bladder cancer. Int J Clin Oncol. 2016 Nov 29. [Epub ahead of print] Review.PubMed PMID: 27896485.
      3. Nakamura T, Fukiage M, Suzuki Y, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Harashima H. Mechanism responsible for the antitumor effect of BCG-CWS using the LEEL method in a mouse bladder cancer model. J Control Release. 2014 Dec 28; 196:161-7.
      4. Nakamura T, Fukiage M, Higuchi M, Nakaya A, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Harashima H. Nanoparticulation of BCG-CWS for application to bladder cancer therapy. J Control Release. 2014 Feb 28;176:44-53.
      5. Kawai K, Miyazaki J, Joraku A, Nishiyama H, Akaza H. Bacillus Calmette-Guerin (BCG) immunotherapy for bladder cancer: current understanding and perspectives on engineered BCG vaccine. Cancer Sci. 2013 Jan; 104(1):22-7.
    • 特許出願

      • 出願日:平成29年3月6日 出願番号:特願2017-42228
      • 【発明の名称】リポソーム、抗癌剤及び癌治療用キット
  • 学位・学歴
    • 筑波大学 医学専門学群 平成5年 大学卒業
    • 筑波大学 医学研究科生理系 平成14年 大学院卒業 博士(医学)
  • 職歴・学会
    • 2012年4月1日~2017年3月31日 筑波大学医学医療系腎泌尿器外科准教授
    • 2009年4月1日~2012年3月31日 筑波大学医学医療系講師
    • 2008年4月1日~2009年3月31日 筑波メディカルセンター病院泌尿器科科長
    • 日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医、感染制御医(ICD)、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本がん治療認定医機構がん治療認定、茨城県指導医養成講習会終了、日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医、身体障害者福祉法規定医師ぼうこう・直腸、茨城県緩和ケア研修会終了
  • メッセージ
    • これからの医療の世界は、正解の見えない混沌とした世界になります。そのような中で、若いエネルギーにあふれた学生諸君の力は未来を切り開くために必要です。自分を信じて頑張ってほしい!努力は嘘をつきません!
  • 連絡先
    • 【TEL】047-375-1111
      【FAX】047-373-4921