成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

老年医学/主任教授 浦野 友彦

  • 専門分野
    • 老年病学、老年医学、高齢者診療
  • 研究テーマ
    • 骨粗鬆症をはじめとした高齢者の活動性低下につながる原因究明と新規治療法の開発
  • 研究実績
    1. Urano T, Shiraki M, Sasaki N, Ouchi Y, Inoue S: SLC25A24 as a novel susceptibility gene for low fat mass in humans and mice. J Clin Endocrinol Metab 100(4): E655-E663, 2015.
    2. Urano T, Shiraki M, Yagi H, Ito M, Sasaki N, Sato M, Ouchi Y, Inoue S: GPR98/Gpr98 gene is involved in the regulation of human and mouse bone mineral density. J Clin Endocrinol Metab 97:E565-E574, 2012.
    3. Urano T, Shiraki M, Ouchi Y, Inoue S: Association of circulating sclerostin levels with fat mass and metabolic disease-related markers in Japanese postmenopausal women. J Clin Endocrinol Metab 97:E1473-1477, 2012.
    4. Gack MU, Shin YC, Joo CH, Urano T, Liang C, Sun L, Takeuchi O, Akira S, Chen Z, Inoue S, Jung JU: TRIM25 RING-finger E3 ubiquitin ligase is essential for RIG-I-mediated antiviral activity. Nature 446:916-921, 2007.
    5. Urano T, Saito T, Tsukui T, Fujita M, Hosoi T, Muramatsu M, Ouchi Y, Inoue S: Efp targets 14-3-3σ for proteolysis and promotes breast tumour growth. Nature 417:871-875, 2002.
  • 学位・学歴
    • 1994年千葉大学医学部
    • 2000年東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座修了(医学博士)
  • 職歴・学会
    • 広島大学医学部客員教授
    • 前東京大学医学部老年病科講師・入院診療担当副科長
    • 元東京大学医学部22世紀医療センター抗加齢医学講座特任講師
    • 元東京都健康長寿医療センター(旧名称: 東京都老人医療センター)内科医師
    • 日本老年医学会 (代議員、プログラム委員会副委員長)
    • 日本骨粗鬆症学会 (評議員、広報・連携委員会委員)
    • 日本抗加齢医学会 (評議員、プログラム委員会委員)
  • メッセージ
    • 超高齢社会の我が国において老年病学は必須の分野であると同時に、今後日本と同様に超高齢社会を迎える世界へ多くの情報を発信していくことが求められています。国際医療福祉大学老年病科では日本でも有数の老年病学を学ぶことができる環境が整っています。また本学には医療系総合大学であり、老年医学を行なっている医療系の方を多く輩出し、一緒に仕事をしております。他職種連携でたくさんの臨床ならびに基礎研究を行なっていきましょう。
  • 連絡先
    • 【TEL】0287-36-6622
      【FAX】0287-36-8510