成田キャンパス

腎臓内科学教室

医学生・研修医の方へ

腎臓という臓器は多岐にわたる様々な役割があり、臓器間ネットワークの要と言っても良いでしょう。腎臓を診るということは全身管理につながります。よって、内科医としての素養を養うのに、腎臓を基盤に内科学を学ぶということは、理にかなっているのです。

当科では、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎障害(AKI)、急性腎不全、慢性腎不全、末期腎不全などのすべての腎疾患を診療の対象にしています。当科で特徴的なのは、軽微な尿異常所見から慢性腎不全、さらには腎代替療法の治療選択、ブラッドアクセスの造設、透析治療・管理までを患者様一人一人に合わせて、一貫して実践するということです。これにより、患者様との信頼関係を築き、充実したやりがいのある臨床実践ができるのです。

腎臓内科医師として、求められているスキルは一体何でしょうか? それは診断力、治療力(治療法、治療選択、説明力すべてを含む)、手技力、思慮深い考察力などであり、さらには、そのバランスを保ちながら患者様の置かれる社会的背景に基づきつつ、高度にそのスキルを駆使していくことが望まれているのです。当講座では、豊富な附属病院への勤務や国内外の高度先端施設への留学などを通して、これらのスキルを獲得することが出来ます。例えば研究に興味があれば、一定期間、世界的な最先端の研究施設に留学することも可能です。また臨床力を磨きたいのであれば、確かな診断力、治療力などに加え、手技としては、腎生検、シャント造設術、PTA、透析カテーテル留置、腹膜透析カテーテル留置術、血液透析・腹膜透析管理など、腎臓内科医として必要なスキルを全て学べます。臨床実践を通して、高水準の実践能力を有した医師(今までにない高度専門職業人)を育成することをめざしています。

お問い合わせ先

入局をご希望、ご相談は、下記までご連絡をお願いします。

担当:鷲田 直輝
メールアドレス:washida@iuhw.ac.jp
〒286-8686 千葉県成田市公津の杜4-3
電話:0287-37-2221 国際医療福祉大学病院(代)