成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

主任教授のごあいさつ

国際医療福祉大学医学部 整形外科学教室
主任教授 石井 賢

国際医療福祉大学医学部整形外科学教室は、2017年4月の医学部の開設と同時に開講した全国で82番目の最も若い整形外科学教室です。さて、私ことこの度整形外科学教室初代主任教授を拝命致しました。これからの17年間、歴史と伝統に捉われない時代にマッチした次世代の教室構築をめざして参ります。

本学整形外科学教室は、世界基準のJCIを取得している三田病院を中心として、国際医療福祉大学病院、市川病院、塩谷病院、熱海病院の5つの附属病院と山王病院、福岡山王病院、高木病院を含む全国40を超える本学グループ機関と連携し、高い水準の臨床、研究、教育を実践しています。2020年には6つ目の附属病院として、国内外の患者へ最先端医療を提供する世界的なハブ病院の位置付けで成田病院が開院致します。現在では、全国の有名大学から選抜された国際性と最先端レベルの臨床能力を持つ医師が所属し、学閥を超えた混成チームとして、活躍しています。整形外科が扱う上肢・下肢・脊椎脊髄・腫瘍・スポーツ・リウマチ外科領域等において各専門スタッフが、国際水準を超える次世代の教室構築をめざしています。

現在、本学整形外科学教室の掲げている方針について記載致します。
1)患者本位の最先端かつ最良の医療を提供
2)本学附属病院全てにおける医療と福祉の標準化
3)真の国際性を持つ教室構築
4)学閥を超えたALL JAPANの意識を持つ混成チームの形成
5)豊かな人格・専門性・学術性・革新性を兼ね備えた医師と世界のリーダーの育成

本学整形外科学教室はスタートしたばかりの新たな教室ですが、既存にない学閥を超えた、真の国際性を有した次世代の教室構築をめざしています。本邦の整形外科学の発展に多大な貢献をされてきた先人の教えを基に、革新的な臨床、研究、教育を実践し、本邦ならびに世界の整形外科学の更なる発展に貢献して参る所存です。

平成29年4月1日

国際医療福祉大学整形外科学教室 主任教授 石井 賢