成田キャンパス

お知らせ

NEWS

理学療法学科:平成29年度 理学療法解析セミナー 開催報告

2018.04.12

2018年3月17日、成田キャンパス5階の理学療法学科フロアにて、平成29年度理学療法解析セミナーを開催しました。12名が3つのグループに分かれ、ファシリテータとともにグループワークに取り組みました。今回はテーマを「栄養と運動」とし、参加者は「理学療法研究のデザイン」と「リハ栄養と運動の関係」についてのレクチャーを受けた後に、グループで仮説の立案、データ測定体験、結果の解釈、考察、発表という理学療法研究の一連の流れを体験しました。


グループワークでは、どのグループも積極的に意見交換や情報収集を行っており、専門外の領域であるにも関わらず、活発な議論が行われていました。特に、仮説の立案や結果の解釈、考察を行う時間では、時間ギリギリまで文献検索や資料作成が行われ、どのグループも科学的根拠を用いて論理立てしようとする姿勢が見られました。


データ測定体験では、各グループで体組成と下腿最大周径の計測を行いました。体組成は多くの結果が出力されますが、その結果をどのように解釈すれば良いか、どの結果が何を表しているかという点について、さまざまな議論がされていました。今回は、職場(臨床、教育現場)、経験年数(1~10年目)、研究経験の有無など、特性にバラツキのあるメンバーが集まりました。しかし、グループ演習の形式で共通の課題に取り組むことによって、お互いの立場から意見を伝え、教え学び合い、成長を実感できるセミナーになったと思います。今回のセミナーを通して、参加者の方々の日々の臨床活動や研究活動がより発展し、臨床を豊かにすることに繋がれば幸いです。最後に、ご参加いただいた先生方、並びにご協力いただいたスタッフの皆様に感謝を申し上げ、開催報告とさせていただきます。ありがとうございました。


(成田保健医療学部 理学療法学科 助教 竹内真太)



20180411_01.jpg
Aグループの先生方
20180411_02.jpg
Bグループの先生方
20180411_03.jpg
Cグループの先生方
20180411_04.jpg
ホワイトボードを用いて概念図を整理している様子(Aグループ)
20180411_05.jpg
仮説の立案とその根拠を整理している様子(Bグループ)
20180411_06.jpg
パソコンを用いて文献検索を行っている様子(Cグループ)
20180411_07.jpg
西田先生の総評の様子
20180411_08.jpg
全体集合写真