成田キャンパス

学科トピックス

ポーランド・ヴロツワフ医科大学医学部研修生3人が来訪

2019.09.10

8月4日から、提携大学であるポーランドのヴロツワフ医科大学の医学部生(4年生・5年生)3人が本学を訪れ、国際医療福祉大学病院で2週間にわたって臨床見学研修を行いました。研修の最後に成田キャンパスを訪問し、研修プログラムの統括責任者である赤津晴子医学教育統括センター長によるまとめのセッションを実施しました。このセッションで学生は、大学病院での研修がいかに有意義であったかを報告し、全員が、「大学病院での研修がもっと長く続けばよいと思うほど、実り多い2週間だったので、ぜひ友人にも勧めたい」と話していました。最後に、赤津センター長から研修の修了証が手渡されました。続いて、医学部の学生の案内で、当日開催されていた医学部のオープンキャンパスを見学しました。成田シミュレーションセンターを含む医学部の施設を視察し、学食も体験するなど、数時間の滞在でしたが、本学医学部のキャンパスライフを感じとっている様子でした。