成田キャンパス

放射線・情報科学科

教員紹介

教授 市川 重司

  • 担当科目
      • 画像情報学、医用Ⅹ線機器工学、画像情報学実験
  • 専門分野
    • 一般Ⅹ線撮影領域、透視撮影検査領域、医療機器工学、画像処理、Ⅹ線検査全般
  • 研究テーマ
    • 全脊椎撮影における低線量撮影への研究
    • 再撮影削減に対するアプローチの研究
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/41kawa_0324


    • 【著書】

      • MRI集中講習会テキスト(監修) 2014.9
      • 診療放射線技師のための医学用語集(監修)2017.5
    • 【論文】

      • 透視台用乳幼児固定具の試作 小児放射線研究会雑誌 1994.3
      • “Flex AEC”技術が乳がん検診にもたらした変化と運用メリット 臨床画像 2012.12
      • 注腸Ⅹ線検査後の腹部状態 日本放射線技師会雑誌 1997.1
      • スロットラジオグラフィの使用経験~下肢静脈造影検査への試み~MEDICAL NOW NO.66 2009.7
    • 【学会発表】

      • 立位専用台補助具を用いた線量低減化を考慮した撮影環境の再考 2019.9 日本診療放射線技師学術大会
      • Study of Dose Indicator Management Using Analysis Tool in Image Processing Equipment for general imaging 2019.4 日本放射線技術学会
      • 他、90演題
  • 学位・学歴
    • 東京都診療放射線技師学校卒業
    • 鈴鹿医療科学大学大学院修士課程(医療科学)
    • 鈴鹿医療科学大学大学院博士課程(在学) 
  • 職歴・学会
    • 【職歴】

      • 埼玉医科大学病院 中央放射線部
      • 国保連合会福生病院 放射線科
      • 公立福生病院 医療技術部 部長
    • 【学会】

      • 日本診療放射線技師会
      • 日本放射線技術学会
      • 日本乳がん検診学会
    • 【学会役員歴】

      • 東京都診療放射線技師会 学術理事(2001-2005)
      • 東京都診療放射線技師会 教育理事(2006-2010)
      • 東京都診療放射線技師会 学術教育理事(2011-2019)
  • メッセージ
    • 診療放射線技師になるための4年間の準備期間です。多くの体験、経験を通し、医療・研究の現場に出るサポートをさせていただきます。疾患の診断は画像なくしては語れない昨今、診療放射線技師が担う医療の一端は限りなく重責です。4年間、歯を食いしばり、楽しく、学びましょう。
  • 連絡先
    • E-mail s-ichikawa@iuhw.ac.jp