成田キャンパス

理学療法学科

DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

教員紹介

助教 田村 暁大

  • 担当科目
    • <学部>

      • スポーツバイオメカニクス、 先端運動系理学療法学、 理学療法治療学特論(運動器)、 予防理学療法学、 精神科理学療法学
  • 専門分野
    • スポーツバイオメカニクス
    • スポーツ理学療法
  • 研究テーマ
    • スポーツ動作時における下肢の衝撃吸収能の評価
    • スポーツ障害予防を目的としたバイオメカニクス評価
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/atamura


    • 【原著論文】

      • A. Tamura, K. Akasaka, T. Otsudo. Lower Extremity Energy Absorption During Side-Step Maneuvers in Females with Knee Valgus Alignment. Journal of Sports Rehabilitation (in print)
      • K. Uebayashi, K. Akasaka, A. Tamura, T. Otsudo, Y. Sawada, Y. Okubo, T. Holl. Characteristics of trunk and lower limb alignment at maximum reach during the Star Excursion Balance Test in subjects with increased knee valgus during jump landing. PLoS One. 2019 Jan 25;14(1):e0211242.
      • T. Otsudo, K. Akasaka, H. Hattori, Y. Hasebe,A. Tamura, T. Hall. Three-Dimensional Motion Analysis of the 2nd Cervical Spinous Process at End Range Cervical Rotation in Different Scapular Positions Using 3D Digitizer. Biomed Res Int. 2018 Aug 26;2018:9835846.
      • A. Tamura, K.Akasaka, T.Otsudo, Y.Sawada, Y.Okubo, J.Shiozawa, Y.Toda, K.Yamada. Dynamic knee valgus alignment influences impact attenuation in the lower extremity during the deceleration phase of a single-leg landing. PLoS One. 2017 Jun 20;12(6):e0179810.
      • K. Akasaka, A. Tamura, A. Katsuta, A. Sagawa, T.Otsudo, Y.Okubo, Y.Sawada, T. Hall. Does trampoline or hard surface jumping influence lower extremity alignment? J Phys Ther Sci. 2017 Dec;29(12):2147-2150.
      • A. Tamura, K.Akasaka, T.Otsudo, Y.Sawada, Y.Okubo, J.Shiozawa, Y.Toda, K.Yamada. Fatigue influences lower extremity angular velocities during a single-leg drop vertical jump. J Phys Ther Sci. 2017 Mar;29(3):498-504.
      • A. Tamura, K.Akasaka, T.Otsudo, Y.Sawada, Y.Okubo, J.Shiozawa, Y.Toda, K.Yamada. Fatigue alters landing shock attenuation during a single-leg vertical drop jump, Orthop J Sports Med. 2016 Jan 14;4(1):2325967115626412.
    • 【翻訳書】

      • 骨盤と仙腸関節の機能解剖:骨盤帯を整えるリアラインアプローチ, 医道の日本社(2019)(分担翻訳)
  • 学位・学歴
    • 埼玉医科大学短期大学卒業
    • 早稲田大学大学院 修士(スポーツ科学)
    • 埼玉医科大学大学院 博士(医学)
  • 職歴・学会
    • 【職歴】

      • たなか整形外科クリニック リハビリテーション科 (2009年3月 ~ 2012年3月)
      • 今井病院 リハビリテーション科 (2012年4月 ~ 2013年12月)
      • 赤心堂病院 リハビリテーション科 (2014年1月 ~ 2018年6月)
      • 国際医療福祉大学 成田保健医療学部 理学療法学科 助教 (2018年9月~現在)
    • 【所属学会】

      • 日本運動器科学会
      • 日本スポーツ理学療法学会
      • 日本運動器理学療法学科
      • 日本整形外科スポーツ医学会
      • 日本臨床スポーツ医学会
  • メッセージ
    • 楽しく、充実した4年間の大学生活を送ってください。 質の高いリハビリテーションを提供できる理学療法士を目指して、一緒に勉強していきましょう。
  • 連絡先
    • 【TEL】0476-20-7717
      【E-Mail】akihiro.tamura@iuhw.ac.jp