成田キャンパス

理学療法学科

DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

教員紹介

講師 町田 和

  • 担当科目
    • <学部>

      • 理学療法診断学Ⅱ、運動解剖学、災害保健学、教育・管理系理学療法学、国際保健学演習、精神科理学療法学、災害リハビリテーション学
    • <大学院>

      • 応用理学療法学講義(修士・博士)、応用理学療法学演習(修士・博士)
  • 専門分野
    • インタラクティブ・ティーチング
  • 研究テーマ
    • 国際支援と災害リハビリテーション
      脊髄レベルでの痙縮抑制に関する研究
  • 研究実績
    • 国際リハビリテーション学~国境を越えるPT・OT・ST~(羊土社)
    • 在宅看護論②在宅療養を支える技術(メディカ出版)
    • 研修前後の小テストの分析に基づくリハビリテーション災害支援研修のあり方の検討(リハビリテーション教育研究)
    • 北海道における災害リハビリテーションについての研修効果(リハビリテーション教育研究)
    • 留学生における入学時の不安要素とその対策(リハビリテーション教育研究)
    • パキスタンの理学療法と協力隊活動(理学療法科学)
    • 圧迫が血流とヒラメ筋脊髄運動神経興奮性に与える抑制効果(理学療法科学)
    • 脳血管障害者のヒラメ筋圧迫による痙縮抑制効果の検証(理学療法科学)
    • The effects of a progressive resistance training program on walking ability in patients after stroke(JPTS)
    • 東日本大震災における療法士の活動と今後のリハビリテーション支援システムつくりへの提案―活動者へのアンケート調査を通してー(Japanese Journal of Disaster Medicine)
  • 学位・学歴
    • 昭和大学医療短期(現在の昭和大学)大学 卒業
    • 国際医療福祉大学大学院修士(保健医療学)
    • 国際医療福祉大学大学院博士(保健医療学)
  • 職歴・学会
    • 【職歴】

      • 三喜会 鶴巻温泉病院(H13-17)
      • パキスタン国立リハビリテーション医学研究所(NIRM)(H17-19)
      • 秦野日赤病院(H20-21),鶴巻訪問看護ステーション渋沢(H21-22)
      • 国際医療福祉大学小田原保健医療学部理学療法学科助教(H22-25)講師(H26-28)
      • 成田保健医療学部理学療法学科講師(H29-)
  • メッセージ
    • 私は理学療法という仕事が大好きです。その面白さ、やりがいなど講義を通じて伝えられたらと思っています。また、大学は自主的に学んでいく場になります。ぜひ積極的に教員を活用して多くのことを学んでいってほしいと思います。加えて、多様な人と関わり自分を広げていくことが、今後の理学療法士人生に大きく役立つと思います。沢山の人と交流をもって自分自身を精神、知識ともに成長させる4年間にしてください。
  • 連絡先
    • 【TEL】0476-20-7789
      【FAX】0476-20-7702
      【E-Mail】nodoka.miura@iuhw.ac.jp