成田キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

教員紹介

教授 野村 明美

  • 担当科目
    • 看護学概論、ベーシックケア実践Ⅰ、看護の理論と歴史、ベーシック・スキルⅠ(生活援助技術)、ベーシック・スキルⅡ(医療支援技術)、看護過程とフィジカルアセスメント、ベーシックケア実践Ⅱ、海外保健福祉事情Ⅱ(実習)、プロジェクトⅠa、プロジェクトⅠb、プロジェクトⅡa、プロジェクトⅡb、プロジェクトⅢ、 看護統合実践
  • 専門分野
    • 【教育分野】基盤・先駆的看護開発分野:看護技術・開発アセスメント学
      【研究分野】看護学(看護技術の開発、看護における動作・負荷解析システムの構築、看護動作の定量的測定、移動動作支援技術に関する研究)、ブラジル日系高齢者の心理・社会的発達に関する研究
  • 研究テーマ
    • 看護における移動動作支援時の介助者・被介助者双方の最適動作支援技術の開発
    • 在伯日系高齢者の心理・社会的発達に関する縦断的研究
    • 「成田どこでも大学プロジェクト」に関する研究
  • 研究実績
    • 【著書】

      • Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa, Development of a Motion Capturing and Load Analyzing System for Caregivers Aiding a Patient to Sit Upright in Bed, Signal and Image Analysis for Biomedical and Life Sciences, Springer, pp.1-19,2014.
    • 【論文】

      • Akemi Nomura, Takako Sato, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Yasuko Ando, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa,Development of a Motion Capture System for Measuring Hidden Points on a Human body and Its Application to The Evaluation of Care Operation, International Symposium on Flexible Automation pp.1-6,2014.
      • Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa, Development of a Motion Capture System for Measuring Hidden Points on a Human Model and Its Application to Aiding a Patient to Sit Upright in Bed,. 2013 International Symposium on Computational models for Life Sciences pp.221-229,2013.
    • 【学会発表】

      • Shindo E、Nomura A、Chaen M、Nitamizu A、Shimizu S, The Current Status of Health Education at Elementary and Junior High Schools in City A in Japan, ICN Congress 2017, Convention center, Barcelona Spain, 2017
      • 野村明美,服部紀子,菅野眞奈,叶谷由佳:在伯高齢者の日常生活動作回復過程の一事例,第19回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会抄録集,浜松,2015年2月.
      • T.Iijima, S.Mizusima, T.Hino,S.Wakebe, A.Nemoto. M.kanno, A,Nomura,S.Sakamoto,N.Sugimoto,E,Echigoya,A.Sato,N.Sugaya,Y,Kanoya.E.H.Moriguchi,The prevalence of metabolic syndrome and contributing factors amang Japanese migrants in South Brazil, The25Th Annual Scientific Meeting of the Japan Epidemiological association,Jan.21-23,2015,Aichi,japan
  • 学位・学歴
    • 国立療養所宇多野病院附属高等看護学院
    • 放送大学教養学部 発達と教育専攻  卒業 卒業(教養学士)
    • 東洋大学大学院文学研究科教育学専攻  修了 修士(教育学)
    • 横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程  修了 博士(工学)
  • 職歴・学会
    • 【職歴】

      • 国立療養所宇多野病院看護師(外科病棟)
      • 信州大学大学医学部附属病院看護師(耳鼻咽喉科・形成外科混合病棟)
      • 横浜市立大学医学部附属高等看護学校専任教員(成人外科看護学・基礎看護学)
      • 横浜市立大学看護短期大学部講師(基礎看護学)
      • 横浜市立大学看護短期大学部助教授(基礎看護学)
      • 横浜市立大学医学部看護学科准教授(基礎看護学)
      • 横浜市立大学医学専攻科看護学専攻(修士課程)准教授(基礎看護学・老年看護学)
      • 国際医療福祉大学教授/成田看護学部開設準備委員会委員
    • 【学会】

      • 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本医学教育学学会、日本人間工学学会、日本健康心理学会
    • 【社会的活動】

      • 看護職への貢献

        • 横浜市立大学附属病院教育委員会、コンサルテーション
        • 横浜市立大学附属病院看護部研究指導講師
        • 横浜市立大学市民総合医療センター病院看護部事例検討講師
        • 横浜市立大学附属病院・横浜市立大学市民総合医療センター病院・横浜市立大学医学部看護学科教員合同実習指導者講習会講師
        • 横須賀共済病院看護部研究指導講師
        • 神奈川県看護協会新人看護職員研修・実地指導者研修講師
        • 化学療法研究所附属病院(現 国際医療福祉大学市川病院)看護部研究指導講師
        • 国際医療福祉大学実習指導者講習会講師
      • 医学生への貢献

        • 横浜市立大学医学部医学科4年生の「医療安全」の授業講師
      • 研修医への貢献

        • 横浜市立大学附属病院・横浜市立大学市民総合医療センター病院研修医への「医療安全」担当講師
      • 在ブラジル日系高齢者への貢献

        • 在ブラジル日系高齢者巡回診療の支援、保健指導
      • 他大学講師

        • 横浜国立大学大学院環境情報学部「看護福祉工学」講師(非常勤)
        • 放送大学東京文教学習センター「基礎看護学」講師(非常勤)
  • メッセージ
    • 学ぶことは、思考が自由になること、皆さんとともに学びの"時"を共有し、自由な発想で刺激しあい、看護学を探求できることを楽しみにしています。
  • 連絡先
    • 【E-Mail】gnomu@iuhw.ac.jp