成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 石黒 洋

  • 専門分野
    • 腫瘍内科学、がんサポーティブケア、がん医療の臨床開発
  • 研究テーマ
    • がん医療の均てん化に資するがん医療に携わる専門的な知識及び技能を有する医療従事者の育成に関する研究
      薬物動態・薬理遺伝学に基づいたテーラーメイド抗がん剤治療の標準治療化に関する研究
      有効性と安全性の最大化を目的とした抗悪性腫瘍薬の生物学的至適投与法に関する研究
      既存抗がん薬の抗腫瘍免疫増強作用に関する臨床薬理学的検討
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/iuhw-onc


      • Ishiguro H, Takashima S, Yoshimura K, Yano I, Yamamoto T, Niimi M, Yamashiro H, Ueno T, Takeuchi M, Sugie T, Yanagihara K, Toi M, Fukushima M.
        Degree of freezing does not affect efficacy of frozen gloves for prevention of docetaxel-induced nail toxicity in breast cancer patients.
        Support Care Cancer. 2012 Sep; Vol.20, No.9, p2017-24, Epub 2011 Nov 16
      • Hanai A, Ishiguro H, Sozu T, Tsuda M, Arai H, Mitani A, Tsuboyama T.
        Effects of a self-management program on antiemetic-induced constipation during chemotherapy among breast cancer patients: a randomized controlled clinical trial. Breast Cancer Res Treat. 2016 Jan; Vol.155, No.1, p99-107. Epub 2015 Dec 9.
      • Hattori M, Ishiguro H, Masuda N, Yoshimura A, Ohtani S, Yasojima H, Morita S, Ohno S, Iwata H.
        Phase I dose-finding study of eribulin and capecitabine for metastatic breast cancer: JBCRG-18 cape study. Breast Cancer. 2017 Aug 31, Epub ahead of print
      • Hanai A, Ishiguro H, Sozu T, Tsuda M, Yano I, Nakagawa T, Imai S, Hamabe Y, Toi M, Arai H, Tsuboyama T.
        Effects of Cryotherapy on Objective and Subjective Symptoms of Paclitaxel-induced
        Neuropathy: Prospective Self-Controlled Trial. J Natl Cancer Inst. 2017 Nov, Epub ahead of print
      • Ishiguro H, Saji S, Nomura S, Tanaka S, Ueno T, Onoue M, Iwata H, Yamanaka T, Sasaki Y, Toi M, and Japan Breast Cancer Research Group
        A phase I/II pharmacokinetics/pharmacodynamics study of irinotecan combined with S-1 for recurrent/metastatic breast cancer in patients with selected UGT1A1 genotypes (the JBCRG-M01 study). Cancer Med. 2017, Epub ahead of print
  • 学位・学歴
    • 金沢大学医学部医学科卒
    • 千葉大学大学院医学研究院 博士過程修了(病態病理学)
  • 職歴・学会
      • 1993年 ニューヨーク・ベスイスラエル病院一般内科研修(レジデンシー)
      • 1996年 ニューヨーク大学病院腫瘍内科学/血液学専門研修(クリニカルフェロー)
      • 1999年 ニューヨーク大学病院リサーチレジデント
      • 1999年 千葉西総合病院臨床腫瘍科/血液科部長
      • 2000年 千葉大学附属病院病理部医員
      • 2001年 日本イーライリリー(株) オンコロジー部門 コンサルタント
      • 2005年 京都大学大学院医学研究科 探索臨床腫瘍学講座特定助教
      • 2007年 京都大学医学部附属病院 外来がん診療部特定講師
      • 2014年 京都大学大学院医学研究科 標的治療腫瘍学講座特定准教授
      • 2017年 国際医療福祉大学医学部 臨床腫瘍学教授
      • 米国ECFMG資格、ニューヨーク・ベスイスラエル総合病院一般内科レジデンシー修了、ニューヨーク大学病院腫瘍内科・血液内科クリニカルフェローシップ修了、米国一般内科・腫瘍内科・血液内科専門医、日本臨床腫瘍学会認定指導医・がん薬物療法専門医、日本臨床薬理学会指導医、日本乳癌学会認定乳腺専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医、日本内科学会認定内科医、がん医療ネットワークナビゲーター指導責任者
  • メッセージ
    • がんの内科的治療(薬物療法とサポーティブケア)を専門にしています。日米臨床研修システムの良いところを取り入れ、がん診療のスペシャリストに育成します。より優れたがん治療を目指した研究や海外での臨床研修も積極的にサポートしています。
  • 連絡先
    • 【TEL】0287-39-3060
      【FAX】0287-39-3001
      【E-Mail】hishiguro@iuhw.ac.jp