成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 草野 修輔

  • 専門分野
    • リハビリテーション医学
  • 研究テーマ
    • ①障害者スポーツ,②障害者の体力,③脊髄損傷者のリハビリテーション 他
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0070503


    1. 草野修輔・他監訳,2006,運動器リハビリテーションの機能評価Ⅰ・Ⅱ,エルゼビア・ジャパン
    2. 草野修輔・他,2006,障害者雇用ハンドブック,社団法人 雇用問題研究会
    3. 草野修輔・他監訳,2005,理学療法士のための急性期リハビリテーション,文光堂
    4. 草野修輔,2003,特集 障害と体力 脊髄損傷,総合リハ,31,729-734
    5. Shusuke Kusano et al,2001,Cardiorespiratory Endurance and Work Efficiency of People with Cerebral Palsy Measured Using an Arm Ergometer,J Phy Ther Sci,13,49-52
  • 学位・学歴
    • 福島県立医科大学卒
    • 埼玉医科大学(医学博士)
  • 職歴・学会
    • 昭和55年3月 福島県立医科大学卒業
    • 昭和55年6月 東京大学医学部附属病院・内科
    • 昭和57年1月 国立療養所東京病院・理学診療科
    • 昭和58年1月 国立武蔵療養所・理学診療科
    • 昭和58年7月 国立身体障害者リハビリテーションセンター病院
    • 昭和60年4月 国立伊東重度障害者センター
    • 昭和61年4月 東京都老人医療センター・リハビリテーション科
    • 昭和63年4月 国立身体障害者リハビリテーションセンター病院・医長
    • 平成13年7月 埼玉医科大学総合医療センター・リハビリテーション科講師
    • 平成15年3月 埼玉医科大学総合医療センター・リハビリテーション科助教授
    • 平成18年4月 国際医療福祉大学三田病院・リハビリテーション科部長
    • 平成29年4月 国際医療福祉大学医学部リハビリテーション医学教授
    • 日本脊髄障害医学会評議員、日本運動器科学会評議員、日本生活支援工学会理事
  • メッセージ
    • リハビリテーション医療は、障害を対象とする医学であり、医師のみならず、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、看護師、医療ケースワーカーなど他職種との関わりが必要で、医療連携が欠かせません。本学では、これらの専門職も養成しており、学生の時からリハビリテーション医療に必要な他職種との医療連携を学ぶことができます。