成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

医学教育統括センター長/教授 赤津 晴子

  • 専門分野
    • 医学教育
  • 研究テーマ
    • アクティブラーニング、参加型臨床実習、統合型カリキュラム、甲状腺癌
  • 研究実績
    • **Niemeier L, **Akatsu H, (The first two authors contributed equally to this article) Song C, Carty S, Hodak S, Yip L, Ferris R, Tseng G, Seethala R, LeBeau S, Stang M, Coyne C, Johnson J, Stewart A, Nikiforov Y. A Combined Molecular-Pathologic Score Improves Risk Stratification of Thyroid Papillary Microcarcinoma. Cancer. 2012;118 (8):2069-2077. (first published on line August 31, 2011.)
    • Akatsu H, Ewing S, Stefanick M, Fink H, Stone KL, Barrett-Connor E, Mehra R, Ancoli-Israel S, Redline S, Hoffman A. Association Between Thyroid Function and Objective and Subjective Sleep Quality in Older Men: The Osteoporotic Fractures in Men (MrOs) Study. Endocr Pract. 2014;20 (6): 576-586.
    • Kamaya A, Lewis GH, Liu Y, Akatsu H, Kong C, Desser TS. Atypia of Undetermined Significance and Follicular Lesions of Undetermined Significance: Sonographic Assessment for Prediction of the Final Diagnosis. J Ultrasound Med. 2015;34:767-774.
    • Brenna K, Holsinger C, Dosiou C, Sunwoo J, Akatsu H, Haile R, Gevaert O. Development of Prognostic Signatures for Intermediate-risk Papillary Thyroid Cancer. BMC Cancer. 2016; 16:736.
  • 学位・学歴
    • 聖心女子大学卒(文学部)
    • 上智大学大学院修士(理学)
    • 米国ハーバード大学公衆衛生大学院修士(理学)
    • 米国ブラウン大学メディカルスクール大学院博士(医学)
  • 職歴・学会
    • ハーバード大学、ブラウン大学を経てアメリカで医師免許取得。ピッツバーグ大学とスタンフォード大学で診療と医学教育に携わる。
      前スタンフォード大学医学部准教授。
      前スタンフォード大学病院内分泌内科外来長
      前スタンフォード大学甲状腺癌メディカルディレクター
    • 米国ベストドクター賞、トップドクター賞受賞
    • 「アメリカの医学教育」(日本評論社)等の著書が日本人学生に大きな影響を与えた。
      2017年4月より現職(※医学教育統括センター長H29.4~)。
  • メッセージ
    • グローバルに活躍できる医師に不可欠なコミュニケーション能力に加え、最先端の知識や情報を獲得、吟味、選択、統合する能力、そしてあくまでも患者さんのニーズを第一に考える奉仕の精神を6年間で磨いていただきます。先入観を捨て、オープンマインドで新しいカルチャーとチャレンジに飛び込んでください。