成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 岡部 輝雄

  • 専門分野
    • 循環器内科総論、経皮的冠動脈形成術、血管内イメージング、冠動脈硬化アテレクトミー
  • 研究テーマ
    • 血管内イメージングモダリティーと生理学的検査との整合性
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0163885


    1. Okabe T, Kawamura A, Maekawa Y, Anzai T, Iwanaga S, Yoshikawa T, Ogawa S. Can intravascular ultrasound guidance modify the efficacy of drug-eluting stent over bare-metal stent in an aorto-ostial lesion? Cardiovasc Revasc Med. 2011; 12: 105-110.
    2. Okabe T, Mintz GS, Weigold WG, Roswell R, Joshi S, Lee SY, Lee B, Steinberg DH, Roy P, Slottow TL, Kaneshige K, Torguson R, Xue Z, Satler LF, Kent KM, Pichard AD, Weissman NJ, Lindsay J, Waksman R. The predictive value of computed tomography calcium scores: a comparison with quantitative volumetric intravascular ultrasound. Cardiovasc Revasc Med. 2009; 10: 30-35.
    3. Okabe T, Mintz GS, Lee SY, Lee B, Roy P, Steinberg DH, Pinto-Slottow T, Smith KA, Xue Z, Satler LF, Kent KM, Pichard AD, Lindsay J, Waksman R, Weissman NJ. Five-year outcomes of moderate or ambiguous left main coronary artery disease and the intravascular ultrasound predictors of events. J Invasive Cardiol. 2008; 20: 635-639.
    4. Okabe T, Lindsay J, Torguson R, Steinberg DH, Roy P, Pinto Slottow TL, Smith K, Xue Z, Satler LF, Kent KM, Pichard AD, Waksman R. Can direct stenting in selected saphenous vein graft lesions be considered an alternative to percutaneous intervention with distal protection device? Catheter Cardiovasc Interv. 2008; 72: 799-803.
    5. Okabe T, Weigold WG, Mintz GS, Roswell R, Joshi S, Lee SY, Lee B, Steinberg DH, Roy P, Pinto Slottow TL, Smith K, Torguson R, Xue Z, Satler LF, Kent KM, Pichard AD, Weissman NJ, Lindsay L, Waksman R. Comparison of Intravascular Ultrasound to Contrast-Enhanced 64-Slice Computed Tomography to Assess the Significance of Angiographically Ambiguous Coronary Narrowings Am J Cardiol. 2008; 102: 994-1001.
  • 学位・学歴
    • 平成3年 慶應義塾大学卒
    • 慶應義塾大学大学院博士(医学)
  • 職歴・学会
    • 平成16年9月 博士(医学)3824
    • 博士論文; Usefulness of Residual Percent Plaque Area After Percutaneous Coronary Intervention in Predicting Persistent Positive Remodeling.
    • 平成3年4月 慶應義塾大学病院 研修医 (平成 5年 3月まで)
    • 平成5年4月 けいゆう病院 医員 (平成 6年 3月まで)
    • 平成6年4月 北里研究所病院 医員 (平成 7年 3月まで)
    • 平成7年4月 慶應義塾大学医学部助教 (循環器内科) (平成 10年 8月まで)
    • 平成10年9月 国立病院東京医療センター医員(循環器内科) (平成 13年 12月まで)
    • 平成10年9月 慶應義塾大学医学部助教 (循環器内科) (平成 18年 5月まで)
    • 平成18年6月 Washington Hospital Center, Cardiovascular Core Lab Research Fellow (平成20年6月まで)
    • 平成20年7月 国際医療福祉大学三田病院准教授 (循環器内科)(平成26年3月まで)
    • 平成26年4月 国際医療福祉大学三田病院教授 (循環器内科)
    • 平成29年4月 国際医療福祉大学医学部 循環器内科学教授 (現在に至る)
    • 日本内科学会認定医 日本循環器学会専門医 日本心臓病学会
    • 日本心血管インターベンション学会認定医 日本救急医学会
  • メッセージ
    • International fieldで活躍したいと考えている諸君、わが大学でacademic knowledgeとimpeccable clinical skillを身に着けて世界に羽ばたいて欲しい。この大学は諸君と同じように若く走り出したばかりだが、この日本に革新的な医学教育をもたらすことになると自負している。情熱にあふれた多くの学生諸君が集うことを期待しています。
  • 連絡先
    • 【TEL】03-3451-8121
      【FAX】03-3454-0067
      【E-Mail】tmsb105@iuhw.ac.jp