成田キャンパス

医学部

DEPARTMENT OF MEDICINE

教員紹介

教授 渡邉 治雄

  • 担当科目
    • <大学院>国際福祉国際協力学分野
  • 専門分野
    • 国際保健、感染症
  • 研究テーマ
    • 細菌感染症の発生機序の分子的解明、感染症の分子疫学的解析と対応、薬剤耐性の分子機序、薬剤耐性菌問題への国際的対応、食品媒介性細菌感染症
  • 研究実績
    1. Munirul Alam, Shah Manzur Rashed, Shahnewaj Bin Mannan, Tarequl Islam, Marcial Leonardo Lizarraga-Partida,Gabriela Delgado, Rosario Morales-Espinosa, Jose Luis Mendez, Armando Navarro, Haruo Watanabe, Makoto Ohnishi, Nur A. Hasan, Anwar Huqe, R. Bradley Sack, Rita R. Occurrence in Mexico, 1998–2008, of Vibrio cholera CTX+ El Tor carrying an additional truncated CTX prophage. Pro,Natl.Acad.Sci. USA.111(27): 9917-9922. (2014)
    2. Yamamoto S, Mitobe J, Ishikawa T, Wai SN, Ohnishi M, Watanabe H, Izumiya H. Regulation of natural competence by the orphan two-component system sensor kinase ChiS involves a non-canonical transmembrane regulator in Vibrio cholerae. Mol. Microbiol. 91: 326-347. (2014)
    3. Morita-Ishihara T, Miura M, Iyoda S, Izumiya H, Watanabe H, Ohnishi M, Terajima J. EspO1-2 regulates EspM2-mediated RhoA activity to stabilize formation of focal adhesions in enterohemorrhagic Escherichia coli-infected host cells. PLoS One. 8(2):e55960. (2013)
    4. Takayuki Matsumura, Manabu Ato, Tadayoshi Ikebe, Makoto Ohnishi, Haruo Watanabe and Kazuo Kobayashi. Interferon-γ-producing immature myeloid cells confer protection against severe invasive group A Streptococcus infections. Nature Communication. 3:678-685. (2012)
    5. Jiro Mitobe, Itaru Yanagihara, Kiyouhisa Ohnishi, Shoji Yamamoto, Makoto Ohnishi, Akira Ishihama andHaruo Watanabe. Bacterial cytoskeleton protein RodZ is involved in post-transcriptional processing of Shigella type III secretion system. EMBO. Rep.12:911-916 (2011)
  • 学位・学歴
    • 群馬大学医学部医学科卒
    • 群馬大学大学院博士(医学)
  • 職歴・学会
    • 国立感染症研究所名誉所員(前所長)、前東京大学教授連携大学院医学系研究科感染病態学。
    • 公益財団法人 黒住研究振興財団理事長、公益社団法人 日本食品衛生協会理事、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業 研究主幹、東京大学・長崎大学非常勤講師、横浜大学医学部客員教授
    • 米国微生物アカデミー特別会員、日本細菌学会評議員、日本感染症学会評議員、WHO-AMR (薬剤耐性)-STAG委員、WHO-APSED(新興感染症対策)委員、厚労省厚生科学審議会感染症部会薬剤耐性(AMR)委員会座長、食品安全委員会研究・調査企画会議プログラム評価部会委員など。
  • メッセージ
    • 人の健康を脅かす多くの問題が常に出現してきます。それらに目を向け、科学的思考に基づき、国際的視野で活躍する医学人を目指してください。
  • 連絡先
    • 【E-Mail】watanabe-haruo@iuhw.ac.jp