成田キャンパス

消化器外科学教室

医学生・研修医の方へ

国際医療福祉大学医学部消化器外科学講座は2017年4月の本学医学部開設とともにスタートしました。私たちは、この全く新しい教室を一緒に創り上げていってくれる若い力を必要としています。

国際医療福祉大学医学部消化器外科学講座では、研修医のほか、既に外科専門医資格を取得済みの方や、成田病院の開院前から関連施設(国際医療福祉大学三田病院(東京都港区)、国際医療福祉大学市川病院(千葉県市川市)、国際医療福祉大学病院(栃木県那須塩原市)、国際医療福祉大学塩谷病院(栃木県矢板市)、国際医療福祉大学熱海病院(静岡県熱海市))での勤務をご希望の方等、広く応募しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

研修の方針

国際的な発信力を有するAcademic surgeonとして、あるいは第一線の基幹病院における指導者として活躍できる外科医を育成することを目的としています。

専門医取得について

2018年4月より日本専門医機構による新たな専門医制度がはじまりました。当教室では、外科専門医を卒後5年次に、サブスペシャルティである消化器外科専門医を卒後8年次にそれぞれ最短で取得可能な研修プログラムを作成します。

専門医取得には、手術症例数だけでなく、論文を含めた業績や筆記・面接試験をクリアしなければなりませんが、関連施設や2020年開院予定の成田病院での研修を通して、これまで多くのハイボリュームセンターで経験を積んできた当教室のスタッフが責任を持って、豊富な症例の経験、学会発表や論文作成の指導体制を整えます。

学位取得について

国際医療福祉大学では2018年4月より大学院キャンパスを東京赤坂キャンパスに移転し、医学研究科医学専攻(博士課程)を新設いたしました。事前に指導教員と相談の上、希望する研究内容を決定し、大学付属病院で臨床研修を行いながら学位取得が可能です。

各授業科目を通じて、英語の運用能力も身に付き、さらに、希望する方は分野横断型の国際医療協力、感染症研究、医療政策研究、医学教育研究の4コースを受講し修了認定を取得することが可能です。

お問合せ

入局をご希望、ご相談は、下記までご連絡をお願いします。

担当:大山 隆史
メールアドレス:ooyama@iuhw.ac.jp
電話:047-375-1111 国際医療福祉大学市川病院(代)