成田キャンパス

消化器外科学教室

診療概要

診療科の特徴

国際医療福祉大学医学部消化器外科学講座では、2020年の成田病院に開院に向けて現在、各々のスタッフが国際医療福祉大学市川病院(千葉県市川市)、国際医療福祉大学病院(栃木県那須塩原市)、国際医療福祉大学三田病院(東京都港区)、国際医療福祉大学塩谷病院(栃木県矢板市)、国際医療福祉大学熱海病院(静岡県熱海市)の各関連施設において日常臨床に励んでいます。

当講座では「国際的に活躍できる医師の育成」を目標に、独自の医学教育だけでなく、臨床においても海外からの集患や海外への医師派遣などを積極的に行ってまいります。
また、研究面においても世界のフロントランナーとなるべく、さまざま臨床研究、基礎研究の立案、スタートアップに各臓器グループが鋭意努力しています。

上部消化管外科

悪性疾患(食道癌・胃癌・胃GIST等)から良性疾患(胃食道逆流症・食道アカラシア・食道粘膜下腫瘍・難治性胃十二腸潰瘍等)まで幅広く扱っています。経験豊富な専門医が担当し、個々の患者さんに合わせた最善の治療を提供いたします。
外科的手術のほか、抗癌剤治療や放射線治療、上部消化管内視鏡による治療(EMR/ESD)を組み合わせた総合的な治療に取り組み、消化器内科や臨床腫瘍内科、放射線科等、他科とも緊密な連携を図っています。

外科的治療では胸腔鏡や腹腔鏡を用いた鏡視下手術を積極的に導入しています。
特に食道癌に対しては、高度な技術が必要とされる完全胸腔鏡下食道切除術・腹腔鏡補助下胃管作成を第一選択として、専門チームによる徹底した周術期管理のもと、安全性と根治性を担保した最新治療を提供しています。また、最近増加傾向にある食道胃接合部癌や胃上部の早期癌に対しては、可能な限り胃を温存する腹腔鏡補助下噴門側胃切除を実施しています。

当グループスタッフは消化器内視鏡治療にも精通しており、食道・胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)や下咽頭表在癌に対するELPS等、先進的な低侵襲治療も積極的に行っております。

下部消化管外科

大腸癌を中心に潰瘍性大腸炎やクローン病などの外科的治療を要する疾患を対象に、原則すべての症例に対して腹腔鏡手術を行っております。
また、直腸癌に対しては、術前化学放射線療法を組み合わせることで、治療成績の向上や肛門温存に努めており、2018年4月に保険収載されたロボット支援手術も積極的に取り入れ、常に最新かつ最良の医療を提供することを目標としております。
加えて、痔などの肛門疾患に対しても専門医が行う外来を開設し、下部消化管に関するすべての疾患に対して専門医による安全かつ至高の医療を提供いたします。

肝胆膵外科

肝胆膵外科では、各関連施設において肝癌、胆道癌、膵癌に対する手術や化学療法のほか、肝胆膵良性疾患の治療を行っています。肝胆膵領域の局所進行癌に対して積極的な集学的治療により治療成績の向上に取り組んでいます。
また、肝胆膵悪性腫瘍に対する鏡視下手術も積極的に行っており、根治性と安全性を兼ね備えた低侵襲手術を提供することをめざしています。