成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

第5回 国際関節スポーツ科学カンファレンス 開催報告

 2022年1月15日土曜日、Web配信にて第5回国際関節スポーツ科学カンファレンスが開催されました。新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染状況の悪化により、演者はそれぞれの場所から配信することになりました。最初にOpening Remarksを当大学医学部整形外科学主任教授石井賢先生より頂き、GLOS研究会や当大学についての紹介がありました。特別講演Ⅰとして、東邦大学医療センター大橋病院整形外科教授の武者芳朗先生より「骨粗鬆症性脊柱変形に対する当科の治療方針について」というテーマでご講演を頂きました。ミニレクチャーとして、長島より「ACL再建術後深部静脈血栓症の危険因子」についてのお話をさせて頂きました。特別講演Ⅱとして、京都大学大学院医学系研究科整形外科学教授の松田秀一先生より「TKAの満足度向上を目指して」というテーマでご講演頂きました。いずれの講演も内容は基礎から実臨床まで多岐に渡るものであり、講演後は活発な質疑応答がなされました。Closing Remarksは北里大学北里研究所病院副院長の金子徳博先生に頂きました。67名に参加頂き盛況のうちに第5回国際関節スポーツ科学カンファレンスは終了しました。参加された先生方ならびに共催頂いた第一三共株式会社の皆様に深謝します。ありがとうございました。