成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

第3回 国際脊椎カンファレンス 開催報告

 2021年7月3日(土)に、第3回国際脊椎カンファレンスが開催されました。本研究会は、東京慈恵会医科大学、北里大学北里研究所病院、済生会中央病院、慶應義塾大学病院の先生方、また本学からは長島正樹准教授と中山政憲講師が世話人として参加しているGlobal Leading of Orthopaedic Society(GLOS研究会)の1つとして設立された研究会です。国際脊椎カンファレンスは、脊椎脊髄外科分野にて第一線で活躍されている先生方の講演を拝聴する貴重な研究会となっております。

 特別講演1では、北里大学医学部整形外科学の井上玄先生より、成人脊柱変形についてエビデンスに基づいた最新の知見や難症例に対する包括的なアプローチなどをご講演頂きました。特別講演2では、関西医科大学整形外科学講座の齋藤貴徳先生より、骨粗鬆症性椎体骨折について多くの手術症例や臨床データ、また低侵襲手術に対する情熱をご講演頂きました。
 ミニレクチャーでは北里大学北里研究所病院脊椎センターの日方智宏先生より、頚椎椎弓形成術の適応や歴史、プレート用いた手術成績など最近の知見に至るまで分かりやすくおまとめ頂きました。いずれの講演も明日からの臨床に役に立つ有意義な内容で大変勉強になりました。

コロナ禍にてWeb開催となりましたが、ご聴講の先生方も多く盛会となりましたこと心より御礼申し上げます。

国際医療福祉大学整形外科学
国際医療福祉大学成田病院整形外科・脊椎脊髄センター
 船尾 陽生