成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

第1回国際医学フォーラム 開催報告

2019年9月7日(土)に、国際医療福祉大学三田病院11階三田ホールにて、第1回国際医学フォーラムが開催されました。本研究会は、本学、東京慈恵会医科大学、北里大学北里研究所病院、済生会中央病院の整形外科スタッフが世話人となり、Global Leading of Orthopaedic Society(GLOS研究会)の1つとして、新たに設立された研究会です。
最初に本学医学部整形外科学主任教授石井賢先生よりOpening Remarksを頂きました。
特別講演1として筑波大学医学医療系整形外科講師である金森章浩先生より「PRPアップデート2019」について、また特別講演2では神戸大学大学院医学研究科外科系講座整形外科学教授である黒田良祐先生より「スポーツ選手の膝を治すー私達の臨床経験から」について、大変素晴らしいご講演を賜りました。金森先生には、昨今話題となっているPRPについての基礎的な内容やエビデンスに始まり最新の試みに至るまでご講演頂き、黒田先生には多くのトップアスリートの膝の治療に携わってきた経験を動画なども交えながら非常にわかりやすくご講演頂きました。講演後は質疑応答も活発になされました。
ミニレクチャーでは、本学の竹島憲一郎講師より「バレエダンサーの傷害と治療の実際」と題して、バレエダンサーの傷害の傾向や、バレエダンサーに多く見られる後足部インピンジメント症候群に対する内視鏡手術の紹介がなされました。
国際医療福祉大学市川病院副部長である別所雅彦先生よりClosing Remarksを頂いた後に、集合写真を撮影し閉会となりました。今回は60名以上の聴講者にお越し頂き大変盛会となりましたこと、深く感謝申し上げます。