成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

第2回国際脊椎カンファレンス 開催報告

令和元年7月21日
国際医療福祉大学三田病院整形外科・脊椎脊髄センター
磯貝宜広

2019年7月13日(土)に、国際医療福祉大学三田病院11階三田ホールにて、第2回国際脊椎カンファレンスが開催されました。本研究会は当教室から長島正樹准教授と中山政憲講師が世話人として参加しているGlobal Leading of Orthopaedic Society(GLOS研究会)の一環として昨年より開催されており、脊椎分野の第一線で活躍されている学外の先生方の講演を拝聴する貴重な研究会であります。
特別講演1では千葉大学整形外科講師の古矢丈雄先生から「頚椎・胸椎後縦靭帯骨化症の治療戦略」について、数々の世界的に評価の高い臨床研究を基にした最新の治療とこれからの課題について講演をいただきました。また特別講演2では東海大学医学部整形外科学教授の渡辺雅彦先生より「上位頚椎損傷-損傷型と治療法の選択-」について、豊富な臨床経験から稀な疾患である上位頚椎損傷の治療についての詳細を体系的に講演いただきました。いずれの講演も翌日から役に立つ極めて実践的な内容であり、参加者全員に多くのフィードバックのある有意義な会となりました。
講演会終了後の情報交換会も盛会であり、研究会へご参加あるいはご支援を頂いたすべての皆様に深謝いたします。ありがとうございました。