成田キャンパス

整形外科学教室

教室紹介

第2回国際関節スポーツ科学カンファレンス 開催報告

2019年1月12日(土)に第2回国際スポーツ科学カンファレンスが品川区の第一三共株式会社品川研究開発センターで行われました。本会は当教室から長島正樹准教授と中山が世話人として参加しているGlobal Leading of Orthopaedic Society(GLOS研究会:年4回)の一環として毎年開催されているものであり、今年も多くの先生方にお集まりいただくことができました。特別講演が2つ行われ、発表順にまず東京慈恵会医科大学の斎藤充先生から「骨粗鬆症と変形性関節症の同時治療のロジックとエビデンス」について、次に昭和大学の稲垣克記先生から「上肢のスポーツ障害」についてそれぞれお話しいただきました。それぞれ大変に興味深い内容であり、かつ最新のトピックスが盛り込まれ参加された先生方から大変好評でした。講演会終了後の情報交換会においても参加者の先生同士で議論が活発に行われ、最後まで盛会に終わることができました。参加された先生方ならびに協賛いただいた第一三共株式会社の皆様に深謝いたします。ありがとうございました。