成田キャンパス

医学科

DEPARTMENT OF MEDICINE

医学部 医学科

Life style

医学部の学生が普段どのように学生生活を送っているか、寮生活やサークル、食事のことなどについてお話を聞きました。

Life style

牧 広大さん(ラ・サール高等学校出身)

  • 牧さんのある日のスケジュール

Q. 朝食はどこで?

「普段は寮ですが、テスト前は外食が多くなります」

Q. 通学の手段は?

「普段は自転車、天気が悪いときは公共のバス。遅くまで大学に残ったときは電車などを利用します」

Q. 昼食で一番利用するのは?

「友人とコンビニか売店の弁当を食べています。学食もありますが、たまに、友人と近くのレストランに行くこともあります」

Q. 放課後の時間の過ごし方は?

「図書館や喫茶店などで勉強しています。将来、医療現場で後輩に教えることを視野に入れ、昨年まで塾で講師をして、週に6人から8人ほど指導していました。教え子全員が高校・大学に進学して、とてもやりがいを感じました」

Q. 夕食はどこで?

            

「普段は寮、テスト前は外食をすることが多いです。門限より夕食の終了時間が早いので、夕食と勉強を同じ場所でしてから門限までに帰る方が効率がよいからです」

Q. 寮を選んだ理由は?

            

「生活費が安くなるから。さらに、留学生と日常的に一緒にいることで、自分の意識と英語能力によい影響があるのではないかと考えたからです」

Q. 休日の過ごし方は?

            

「どこかに出かけるようにしています。新しい人との出会いも大切にしています。ネットで興味を持った方や医療関係者に連絡し、直接お伺いしています。複数の医学生団体の活動に参加したり、医療関係の企業の方と連絡を取り合ったりしています。これから医学科に入学する後輩のためにも、役立つ情報があれば学年ラインなどで伝達し、また、将来必要に応じて連携できるよう動いています」

Q. サークル活動は?

            

「昨年度から学生会に所属しています。医学科オープンキャンパス実行委員長、カリキュラム委員としても活動しました。今年度は学生会長という立場にあり、ほぼ毎日学生会の仕事をしています。春休みは成田キャンパス代表として全日本医学生連合大会に参加しました。医学連は日本で唯一の医学生自治会連合であり、厚生労働省・文部科学省と交渉を行う団体です。本学の説明を行うとともに、今年度の交渉結果や加盟大学における自治組織の活動内容の報告会、および講演会に参加しました」

Q. 帰省の頻度は?

「実家が鹿児島のため、夏休み、冬休みの年2回帰省しています。祖父母に会うことと、墓参りをすることを大切にしています。わが家の風習です」