河上 裕 教授からメッセージ

医学部では、教育・研究・診療が重要です。国際医療福祉大学医学部は、この全てで社会に還元できる成果をめざしています。良い医師になるためには、医学知識や技術の習得に加えて、患者さん中心の医療において、さまざまな背景をもつ患者さんに、多職種チーム医療で対応できる豊かな人間性が求められます。

私が医学生であった時代と比べて、科学の発展とともに、今は、膨大な医学情報があふれています。その中から、より本質的なものを選び、その関係性をしっかり理解しておくことが重要です。そのために、プロジェクトや研究をすることにより、科学的な論理を身に付け、自分の頭で考えることが求められます。

実際、臨床の現場では、複数の病気や合併症を抱えた方々に最善の治療を行うためには、医師は常にクリエイティブでなければなりません。さらに多くの病気の機序はまだ解明されておらず、治療法も十分に開発されていません。そのための研究(基礎医学・臨床医学・社会医学とその連携研究)も必要です。医学情報は日々更新されており、知識・技術をアップデートするために、医師は、生涯、学び続ける必要があります。人間性を高めるためには、読書などに加えて、いろいろな人と実際に会って話すこと、課外活動などにおいてチームで目標を定めて努力することなどの実体験が役立ちます。このグローバルな時代、最新医学を習得し、世界の人々と直接対話し、広い視野をもって、世界で活躍するためには、英語は国際共通語として必須です。

本学の医学部では、これらの目標を達成するために、医療系総合大学の新学部である利点を活かして、すでにActive learning, クリニカルシミュレーション、新しい医学英語教育や医療プロフェッショナリズム教育など、さまざまな先進的な医学教育を進めています。

自分の優れた才能は、社会に還元する使命があることを忘れてはなりません。やる気のある皆さんと一緒に医学を学べることを期待しています。

【Plofile】
慶應義塾大学医学部卒業。博士(医学)。
慶應義塾大学名誉教授・特任教授。 慶應義塾大学血液感染リウマチ内科助手、総合内科専門医。 米国南フロリダ大学、カリフォルニア工科大学、NIH国立がん研究所に留学。 慶應義塾大学医学部先端医科学研究所所長・教授、慶應義塾大学医学研究科委員長などを歴任。 日本がん免疫学会理事長、日本癌学会理事、日本臨床免疫学会理事、日本学術会議連携会員。 2005年Thomson ISI highly cited researcher、2005年SGH特別賞、2006年慶應義塾大学医学部三四会北里賞、2018年慶應義塾大学義塾賞、2018年日本免疫学会ヒト免疫研究賞。