石井 賢 教授からメッセージ

皆さんと一緒に世界をリードする組織と医療の構築を目指したい

日本の医療は世界的に高い水準にある一方で、医療費の高騰や2025年問題などにより社会保障財政は破綻しつつあり、医療機関や医師は生き残りをかけた時代に突入しています。このような社会情勢のなか、医師や医学生に求められるものは何か?医師は学閥や施設間の垣根を取り払い、ALL JAPANの意識で海外、特にアジアにも目を向けて医療を展開していく姿勢が重要です。

受験生は、医学部に入学し医師になることを最終目標にするのではなく、次世代の医療を担う強い意識を持ち、ぜひ時代にマッチした医学教育を受けられる大学選択をしてください。日本の明るい未来へ向けて、皆さんと一緒に次世代の医療を展開したいと思います。

【Plofile】
慶應義塾大学卒 医学博士。
国際医療福祉大学三田病院 整形外科部長、脊椎脊髄センター長、慶應義塾大学医学部 特任教授。
元慶應義塾大学医学部整形外科専任講師・脊椎脊髄班チーフ、元ハーバード大学 MGH fellow、元ジョージタウン大学 fellow。2017 年4月より現職