成田キャンパス

医学科

DEPARTMENT OF MEDICINE

医学部 医学科

学生インタビュー

丹治 寛子 1997年生まれ 山形県 山形東高等学校出身
通学時間:約20分(自転車)
両親が医師で、小学校時代にアメリカに住み、いろいろな人と出会いました。人との出会いを大切にする仕事、そして英語力を生かせる仕事という将来像を描いていたので、この医学部は私にぴったりだと思い受験しました。入学後、すぐにアクテイブラーニングの授業が始まっています。高校までの学びの形とは全く違い、学生同士だけでなく、先生との距離も非常に近くなりました。留学生と過ごす時間もとても有意義で、今まで当たり前だと思っていたことが、世界ではそうではないということも多く、新しい視点に接して日々刺激を受けています。将来は、日本人の患者さんにも外国人の患者さんにも安心してもらえるような医師を目指しています。

牧 広大 1996年生まれ 鹿児島県 ラ・サール高等学校出身
通学時間:約20分(自転車)
幼いころは病弱な方で、よく病院のお世話になりました。離島でかかりつけの医師に対し、子供心に憧れを抱いたのを覚えています。入学後、留学生との生活にも慣れ、充実した毎日を過ごしています。学生会や医学部オープンキャンパス実行委員長、成翔祭(大学祭)での団体代表としての活動を通じて、自分のアクティブな側面を発見する事が出来ました。私はこの大学でしかできない何かがきっとあると考えています。一人前になるまでに多くの方からお世話になると思いますが、将来は他の医師にも広めていける技術を持った外科医となり、いただいた恩を社会に還元したいと考えています。

小林 優香理 1998年生まれ 東京都 白百合学園高等学校出身
通学時間:約50分(電車)
新しい医学部ができるという新聞広告を見た知人に勧められ、成田キャンパスで行われた説明会に参加しました。家庭の方針で一人暮らしはほぼNGなので、自宅から通える距離に医学部ができたのは本当にラッキーでした。実際に入学してみて、カリキュラムにスキがなく、現場で役に立つと実感できることばかり学んでいるので、毎日が充実しています。1期生のみんなは、多様性に価値を認める人たちばかりで、気持ちよく過ごすことができます。先生方も、学生が主体的に行動することについては暖かく支えてくれます。チャレンジしたい人、パターンにとらわれない人に、自信をもってお勧めします。

三宅 勇来 1999年生まれ 東京都 開成高等学校出身
通学時間:約10分(自転車)
入学後の英語について、心配している人がいるかもしれません。私も不安でした。確かに、授業の中で英語が占めるウェイトは高くなります。しかし、実際に授業を受けていて思ったのは、英語が「得意か不得意か」ではなく、「好きか嫌いか」、あるいは、「やる気があるかないか」という側面が大切なんだろうな、ということです。海外での活躍ということを少しでも考えている人にとっては、これ以上ないといってもいいくらい恵まれた環境です。私自身も、この環境を積極的に活用した上で、将来は、自分自身の能力を生かせるところであれば、場所を問わずに社会貢献できる医師になりたいと考えています。

深田 麻里子 1978年生まれ 大阪府 大阪教育大学附属高等学校池田校舎出身
最終学歴:京都大学法学部卒業 通学時間:約1時間10分(電車)
大学を卒業して会社員になりましたが、入社後2か月で大病を患いました。想像もしなかったことに目の前が真っ暗になりましたが、担当医の「あなたが頑張るなら、私たちも全力で取り組むから」という言葉に勇気を与えられました。2年かかって完治したときに感じたのは、「私は第2の人生をいただいた」ということ。長い入院の間、同じ病気で私を励ましてくださった方で、亡くなった方もいらっしゃいます。その方たち、また助けていただいた医療への恩返しとしてできることは何かと考えるうちに、医師になるのが私の使命なのではないかという結論に至りました。「やりたいこと」と「やるべきこと」がぴったり重なった瞬間です。私のような経験を持つ者が医師になることで、他の人たちの励みになればと思っています。

村上 純一 1970年生まれ 愛媛県 愛光高等学校出身
最終学歴:東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
通学時間:約1時間50分(電車)
大学院を修了して会社勤めをしておりましたが、その後、両親の闘病生活を見守る中で、医師の仕事の意義と重要性を今更ながらに認識し、再受験を志しました。決心した後に、予備校のイベントで新しい医学部の誕生を知り、一期生として自分達でゼロから切り開いていくという境遇が、非常に魅力的に映りました。実際に本学に入学してみて、個性溢れる学生達の主張が、合理的であれば認めてもらえる雰囲気が学内に溢れているのも、本当に素晴らしいです。また、先生方が学生に少し高めのレベルの勉学を要求される場合でも、同時に先生方が非常に手厚くフォローされたりしているのを見るにつけ、先生方の愛情を感じます。この大学に入学できて本当に良かったと、実感しています。

フィン・ゴッ・イエン・ニィ (Huynh Ngoc Yen Nhi) ベトナム出身
高校時代、「さくらサイエンスプラン」という青少年交流事業に参加し、交換留学生として日本に滞在したことがありました。医学だけでなく病院経営についても意欲的に学び、日本の技術と魂をベトナムに根づかせたいと思います。
In the future, being able to use 3 languages, I would like to become an international medical doctor who will not only specialized in a medical field but also be able to apply my skills and knowledge to enhance the international medical cooperation. In more than 6 years learning medicine in Japan, I will try my best to acquire knowledge and skills as well as to learn from Japanese medical education and hospital management. I will bring Japan's excellent medical technologies and cooperative spirit that I'll have learned to medical schools and hospitals in my country.

グエン・ヴァン・タイ (Nguyen Van Tai) ベトナム出身
厳しい環境であればあるほど、人は成長できると思っています。将来は、附属病院や関連病院で勤務しながら、日本の病院と医療についてたくさんのことを学び、ベトナムの医療分野の発展に貢献するつもりです。
Now I only have very general and basic knowledge about medicine; therefore, to be honest, I am not very sure what specialties in the medical fields that I will chose for my whole career. However, after taking part in the anatomy dissection course in my university in Vietnam, I had grown my interest in surgery. However, whatever specialties in the medical fields that I choose, I will need to work harder, always be open-minded, always want to discover more in what I am study. Besides, I need to learn to work well with others in the team, and practice more in the communication skills.

メイ・ピエ・チョー (May Pyae Kyaw) ミャンマー出身
「1リットルの涙」という日本のテレビドラマを見て、治せない病気に治療法を見つけられるような医師をめざすようになりました。将来は、医療分野においてミャンマーと日本の架け橋になるだけでなく、チャリティー団体を設立して医療知識を広めたいと思います。

ダン・タン・フイ (Dang Thanh Huy) ベトナム出身
国際医療福祉大学は、ベトナムの保健省と協力関係があると聞いていたので、安心して留学することができました。将来はベトナムと日本との関係をより強くできるよう、両国の医療システムの向上に努めたいと思います。
I want to be a good doctor who is forward-thinking to keep my knowledge up to date as the medicine is changing all the time and empathetic since empathy is an important part of any doctors beside manner. About the discipline of medicine, I have just embarked on this adventure of learning, so I want to have more experiences so that I will know exactly who am I and what specialty is suitable to follow and put much effort into. To pursue and achieve this dream, to get there, I think hardworking is an essential trait. I am willing to be hard-working to learn more, to improve myself to become a good doctor in the future.

ユリアニ・プトゥリ (Yuliany Putri) インドネシア出身
インドネシアでは得られない知識や経験を手に入れたいと思い、以前から海外留学を考えていました。日本は当初から希望の留学先でしたので、新設医学部の第1期生として入学できるいうチャンスをつかめたことはとても嬉しく思っています。
I have not decided what specialty I want to pursue, however I want to be a passionate doctor whom patient can trust. To reach that goal, I have to study hard to get enough knowledge as much as I can, and I must learn about moral and ethics so I can be a good doctor.

グエン・ティエン・ミン (Nguyen Thien Minh) ベトナム出身
高校在学中に日本語を勉強していたことが、今回の留学の一つのきっかけになりました。チーム医療のコンセプトをしっかりと身につけ、「共に生きる社会」をベトナムにも作り上げることができたらと思っています。
Actually, I'm not thinking about what kind of doctor I will be like in the up-coming years. But I hope everything will go well and I can pass the National Examination and get Doctor license in Japan. Then I would like to comeback to my country, to transmit what I have learned in Japan to Vietnamese students, and to become a part of the bridge connecting Vietnam-Japan, making our friendship stronger and more durable, (not just what a clinical doctor does in his hospital).
And now I'm trying my best to master Japanese as soon as possible and improve my English skill which is very necessary to become an international medical professional.

ナン・ヌーム・レイン・セイン (Nang Noom Leing Hseing) ミャンマー出身
患者さんに100%信頼してもらえる神経外科医をめざしています。先駆的な医療機器を用いた手術に携わることなどを夢見て来日、今から胸の高鳴りが止まりません。学生寮「成田インターナショナルハウス」は家族的な雰囲気で、すっかりなじみました。
I want to be a doctor who is secure about his own medical knowledge and can apply what he learned in literature to practical without any problems. I also want to be a doctor whom patients can trust without any doubt. I want to specialize in neurology and I think it's a very interesting major. I have seen videos where neurosurgeons carry out their surgery with advanced machine. I believe that I can receive full training of good quality and understand fully of this major by the help of technology development.

コン・ボレイ (Kong Borey) カンボジア出身
医師になることは小さなころからの夢でした。各分野で科学技術が高度に発達し、平均寿命も長い日本は、私が医学を学ぶ上で最適の場所だと考え、留学を決意しました。将来はカンボジアの医療福祉の発展に努め、カンボジア人のQOLの向上をめざします。
After graduation, I am going to go back to my country, and use my knowledges and understandings which I will have mastered here in Japan in any single way possible to contribute in Cambodia's health and welfare development and to enhance the quality of life of Cambodian People. At the same time, I am going to keep in touch with Japanese medical institutions especially IUHW because I am sure that there will be a lot more things to learn from each other's side.

チョコルダ・リオ・アンジェリナ (Cokorda Rio Angelina) インドネシア出身
国際的な視野を持った人たちに囲まれ、日々刺激を受け、視野を広げることができるのではないかと期待しています。将来は、日本で学んだことを生かし、人口の多いインドネシアならではの医療福祉に貢献したいです。

タ・ハ・グエン (Ta Ha Nguyen) ベトナム出身
キャンパスの規模と附属病院・関連施設の多様さに圧倒されました。最先端の設備をフル活用し、いろいろな事を幅広く学ぼうと思っています。技と心の伴ったよい医師になるために、ハードなカリキュラムにもしっかりついていきます。
I want to be a good doctor, regarding both medical techniques and behavior. To achieve that goal, I will learn hard, follow strictly the curriculum that IUHW provides. At the same time, I will also polish my behavior. Now I'm studying Japanese and I promise to try as hard as I can in order to use and speak Japanese fluently because I think that Japanese is indispensable to my medical study and practices.

ガンバータル・トゥムルジン (Ganbaatar Tumurjin) モンゴル出身
小学生のころ、交換留学生として日本に2ヶ月滞在した経験があります。私たちの生きる21世紀は、世界がますます小さくなっていくはずです。留学で得たネットワークと友情を生涯にわたって大切にしていけたらと願っています。
I want to be not only a clinical doctor but also a contributor to the global medical research and education field. As a medical professional in the 21st century, I think it is important for us to build a bridge across the world and learn from each other to help improve all areas of the medical field in our respective countries.

タルガト・ティレウベク (Talgat Tilyeubyek) モンゴル出身
日本で勉強することになるとは想像していませんでした。私が通っていた大学と提携しているこの大学に医学部が新設され、一期生になれたのは大きなチャンスだと思っています。医師として独立できるよう、しっかり学んでいきます。

グエン・ドゥック・ダイ (Nguyen Duc Dai) ベトナム出身
技術が高いばかりでなく、患者さんに思いやりをもって接することのできる心臓外科医をめざしています。病院で働くだけでなく、自分の経験を生かして留学生のサポートにも携わりながら母国の医療向上に貢献できたらと考えています。