成田キャンパス

臨床工学特別専攻科

臨床工学特別専攻科

臨床工学技士をめざす方へ

最新の医療機器を駆使して、生命を守る

人工呼吸器、人工心肺装置、血液透析装置、体外式心臓ペースメーカーなど、高度医療機器の操作や保守点検を、医師の指示のもとに行います。臨床工学技士は、人命に直結する「生命維持装置」を専門的に扱う専門職。「チーム医療・チームケア」の一翼を担い、現在の高度医療に不可欠な存在です。

医療現場で活躍する臨床工学技士の声

国際医療福祉大学成田病院勤務 山城 翼さん

大学病院では手術室勤務で、主に心臓外科手術での人工心肺装置の操作を担当しています。手術中は、手術チームの声を聞き取りながら装置の回路やさまざまなモニターに目を配るなど気が抜けませんが、翌日、患者様が人工呼吸器から離脱し、落ち着いている姿をみると一安心します。大変な仕事ですがやりがいを感じています。今後は働きながら大学院に進学し、現在よりも高いレベルで臨床研究を行いたいと思っています。将来は医療機器を開発し、多くの患者様に貢献することが目標です

医療の進歩で、ニーズはますます高まっています。

病院・診療所、訪問などの地域医療、研究施設、医療機器メーカー など

研究開発や災害支援、人材教育まで

現代の医療は高度な医療機器がなければ成り立ちません。さまざまな医療機器を熟知し、それらが正しく安全に使用できるように管理することで医療を支えているのが、医学と工学の知識を兼ね備えた臨床工学技士です。医療の進歩に伴いその存在はますます大きくなっています。医療現場でのニーズを汲んだ機器の研究開発、「日本災害時透析医療協働支援チーム(JHAT)」や「災害派遣医療チーム(DMAT)」など災害医療での支援、発展途上国における人材育成なども期待されています。