Japanese | English
医学部新設を計画

国際的で先駆的な学修環境を整え、
グローバル時代にふさわしい医師を育てます。

成田市と共同で提案した「国際医療学園都市構想」を構成する国家戦略特区事業の一つとして、2017年4月、成田キャンパスに医学部を新設しました。
国際都市・成田の地に、グローバル時代にふさわしい医師を育てます。

入試について

本学医学部の入試についての詳細は、以下の学生募集要項をご覧ください。


入試に関するお問い合わせはこちら

医学部入試事務室
TEL:0476-20-7810
FAX:0476-20-7812
E-mail : med-admission@iuhw.ac.jp

アクセス

国際医療福祉大学 成田キャンパス2学部5学科(成田看護学部・成田保健医療学部)の隣地。京成本線「公津の杜」駅前

医学部の特長

1. これまでにない世界水準の医学教育
  • 世界水準を上回る、クリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)を90週実施
  • 大多数の科目で英語による授業を実施
  • 6年次に全学生が4週間以上の海外臨床実習に参加
  • 学生の7人に1人は留学生という国際的な学修環境
  • カリキュラム編成や評価などを行う「医学教育統括センター」は、世界的にも類のない、専任教員25名で構成
2. 第一線で活躍する国際経験豊富な教授陣
  • 教員は国際的に活躍する各分野の第一人者
  • 国際医療拠点にふさわしい外国人教員を多数採用
  • 海外での臨床・教育経験の豊富な日本人教員を多数採用
3. 豊富な施設・設備を生かし、充実した実践教育、臨床実習環境を実現
  • 5000㎡を超える世界最大級の「医学教育シミュレーションセンター」を設置し、高度な総合診療能力を養成
  • 4つの附属病院に加え、臨床医学研究センターという位置づけのグループ関連病院・施設を臨床実習に活用
  • 「感染症国際研究センター」を設置し、海外の新興感染症を含めた危機管理に対応
  • 2020年には、成田市内に5つ目の附属病院「国際医療福祉大学成田病院」を新設予定
4. 国の内外で羽ばたく学生に広く開かれた門戸
  • 医師国家試験対応の総括講義、24時間体制の専用学習室を整備
  • 学費は私立大学医学部で最も安い6年で1,850万円を設定
  • 医学部特待奨学生制度や教育ローンなど、手厚い学費サポート制度
  • 国際医療・保健に貢献する人材育成・情報集積の拠点をめざす「公衆衛生専門職大学院」を開設予定
特色
特色

充実の附属病院・関連施設

国際医療福祉大学成田病院(仮称)

国際医療福祉大学成田病院
2020年開設予定

本学には4つの附属病院をはじめ多くの附属・関連施設があり、全国の学外臨床実習施設とも連携しています。さらに2020年には、同じ成田市内に「国際医療福祉大学成田病院」の開院を計画しています。計画病床数は640床規模で、外国語が堪能な医師やメディカルスタッフを配置する予定です。また宗教食を含む様々な食事のご提供や施設の充実など、最先端医療も提供できる国際的な附属病院を開設する計画です。

附属病院

関連施設

献体の会事務局

献体の会

国際医療福祉大学は2017年4月、成田市に医学部を新設しました。
医学部には解剖学実習という授業があります。人体の構造を学ぶことで医師への第一歩となる、特に重要な科目です。
この解剖学実習で必要となるのがご献体です。
献体とは、医学生などの教育や研究のために、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。「自分の死後、医学・歯学の教育と研究のために役立ちたい」とこころざした人が、献体したい大学や関連の団体に生前に名前を登録しておき、亡くなられたとき、ご遺族や関係者がそのご遺志にしたがってご遺体を大学に提供することになります。

国際医療福祉大学は、医学部開設とともに「献体の会」を設立し、会員になっていただく方の登録を始めることになりました。趣旨をご理解いただき、ご協力のほどお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
国際医療福祉大学 献体の会 事務局(成田キャンパス医学部内)
TEL:0476-28-1031
e-mail:kentai@iuhw.ac.jp