1. ホーム
  2. 学部・学科
  3. 成田保健医療学部 理学療法学科
  4. 在学生の声

成田保健医療学部 理学療法学科

在学生の声

鶴永 湧也 さん

理学療法学科2年
千葉県 成田国際
高等学校 出身

成田キャンパス1期生として
立派な理学療法士になるために

高校時代に部活動で疲労骨折してしまった際、リハビリを受けた先生がとても印象的で、今度は自分が逆の立場で人の手助けがしたいと思い理学療法士をめざすようになりました。その先生が国際医療福祉大学のことを教えてくれて、さらに地元に成田キャンパスができることを知り進学を決めました。勉強に関しては「運動学」や「解剖学」で学んだことは実習に行った際にそのまま活用できたので、ここで学んだことが将来理学療法士になってからも役立つことを実感しました。1期生として入学した私たちには先輩がいないので学生生活全体が初めてのことばかりでしたが、先生や同級生と力を合わせて何事にも取り組んできました。これからもキャンパスの歴史を作っていくのはもちろん、先輩として後輩にアドバイスもできたらと考えています。

北原 明香里 さん

理学療法学科2年
長野県 伊那弥生ケ丘
高等学校 出身

スポーツ分野で活躍できる
理学療法士めざして

高校時代の多くの先輩が国際医療福祉大学に進学していたことや、スポーツ系の専門カリキュラムがあることに惹かれて進学を決めました。先輩方は大田原キャンパスに進学しましたが、1期生として勉強ができることもあり成田キャンパスへ。学修面では学年が上がるにつれて覚えることや課題も増えてきますが、困ったときは先生がすぐにアドバイスをくれます。また、家だと勉強がはかどらないのに対し、大学に来ると同じ理学療法士をめざす同級生や後輩がいるので一緒に勉強することができ、お互い成長することができると思います。部活・サークルでいろいろな人と交流することも大事です。今は理学療法士になるために、日々学修の反復と実践を意識しています。自分がめざす理学療法士になれるようこれからも成田キャンパスで頑張ります。

東 卓実 さん

理学療法学科1年
鹿児島県 池田学園池田
高等学校 出身

海外で活躍するための
知識や経験を大事にしたい

私の将来の夢は海外でスポーツ選手や患者さんの「心」と「身体」の両方をケアできる理学療法士になることです。理学療法士になるための大学を探していた際に、この成田キャンパスでは海外研修が必修なので、大学生のときから海外で専門的な研修ができるのは貴重で、理学療法士になってからも大きな財産になると思い、進学することを決めました。入学すると、初めて学ぶことばかりで不安もありましたが、先生・先輩・同級生と助け合いながら勉強ができることを知ったので、今は大学生活が充実しています。大学の勉強は高校と違い、自分で考えて形にすることが多くなるので、これからも自分の考えやスタイルをしっかりと持って一歩一歩夢に向かって歩んでいきたいと思います。

石田 瑞季 さん

理学療法学科1年
群馬県 前橋市立前橋
高等学校 出身

常に患者さんに寄り添っていける
理学療法士になりたい

高校時代に病院でリハビリの指導をしている理学療法士の姿を見たことや、部活のマネージャーをしていた際にけがをしていた選手がリハビリを受けて試合や練習に復帰する姿を見て、私も理学療法士になりたいと思いました。資格取得のため大学を調べていたときに国際医療福祉大学成田キャンパスを知ってオープンキャンパスに参加しました。そのとき、先輩方が明るく声をかけて大学のことを詳しく教えてくださったので、ここで理学療法士をめざしたいと思い進学しました。先輩方は入学後も変わらず勉強のアドバイスをくれます。また、両親から、自立することで社会人になってからの対応力もつくとひとり暮らしを勧められ、今は大学生活のすべてが理学療法士になるために必要だと考えています。