1. ホーム
  2. 学部・学科
  3. 成田保健医療学部 理学療法学科

成田保健医療学部 理学療法学科

学科トピックス

2017.11.16お知らせ
「なりたいきいき百歳体操」サポーター養成講座で講師を担当しました
2017.10.24お知らせ
平成29年度 臨床実習勉強会 開催報告
2017.09.29お知らせ
2017ユニバーシアード男子サッカー日本代表 金メダル 帯同報告
2017.09.19お知らせ
栄町まちづくり大学に理学療法学科の教員と学生が参加
2017.09.08お知らせ
「PT夏の運動会2017」を開催しました

理学療法学科のご紹介

理学療法学科

ハイレベルな教育により、グローバルで臨床実践能力の高い理学療法士を養成。

医療のグローバル化のなか、日本の理学療法士養成においても海外で活躍できる人材の育成は急務になっています。

理学療法学科では、国内外の第一線で活躍している講師陣、国際性に富んだ科目、最先端の機器と、アクティブ・ラーニングやICTを積極的に取り入れたハイレベルな教育で、グローバルで臨床実践能力の高い理学療法士養成をめざします。

 

成田保健医療学部 理学療法学科 4つのポイント

カリキュラム構成
理学療法学科

現在、理学療法士の活躍の場は、国際福祉分野はもとより、スポーツ分野や健康増進分野、行政や教育・研究職、青年海外協力隊など、国内から海外まで多岐にわたっています。 成田保健医療学部理学療法学科では、それらの社会のニーズに応えることができるよう、大学らしい多彩で専門性の高いカリキュラムを配置しています。

カリキュラムは、「医療福祉分野で専門職連携を実践できる理学療法士になる場合」、「海外で活躍する医療福祉専門職(理学療法士)になる場合」、「国内・国外の大学院への進学、または、研究職になる場合」、「スポーツリハビリテーション分野に就職する場合」の4つの基本履修モデルを示し、学生の多様な志向性に対応できるようになっています。


臨床実践能力を重視
理学療法学科

成田保健医療学部理学療法学科では、“最先端の情報を多様性をもって捉え、世界の理学療法分野を牽引していくリーダーとして、生涯にわたって社会から選ばれ続ける理学療法士”を育成します。

  • 社会人基礎力を基盤とした専門職連携の実践と地域社会での活動の実践
    [科目:異文化体験実習、災害リハビリテーション学など]
  • ICT(Information and Communication Technology)の活用や図書館の有効利用、シミュレーション教育を推進したアクティブ・ラーニングの実践
    [科目:クリニカルリーズニングⅠ、Ⅱなど]
  • 国際性の向上をめざした科目の積極的配置
    [科目:グローバルメディカルコミュニケーションⅠ、Ⅱなど]
  • 国際医療福祉大学関連の豊富な臨床実習施設における特色のある実習科目の運用
  • 大学院進学や海外留学(青年海外協力隊などを含む)、その他、理学療法周辺学際領域への視野の拡大をめざし、最先端の理論や技術を駆使した高度な専門教育の展開
    [科目:先端トレーニング理論、スポーツバイオメカニクスなど]
圧倒的な国家試験合格率と多様な就職先
理学療法学科

本学の理学療法学科は開学以来、高い国家試験合格率を誇っています。その国家試験対策のノウハウを有効に活用し、個人に合わせたきめ細やかな学修計画を立案します。特に1年生では効率の良い時間の使い方と入学後の学修方法の早期確立、さらに、自身のめざすべき専門分野に早期に触れることで、学修意欲の喚起と自分のなりたい将来像のイメージを持つためのキャリアデザインを意識した教育を展開します。

また、理学療法学科では少人数ゼミによるグループ学修など、大学4年間をとおした学修支援プログラムにより、本物の学力、臨床実践力を養います。最終的には、それが多様な就職へと繋がり、就職率100%を維持させる源になると考えています。

充実の教授陣と最先端の機器
理学療法学科

成田キャンパス理学療法学科の大きな特徴のひとつに、教授陣の充実があります。大田原キャンパスの理学療法学科1期卒業生である学科長はじめ、現在、国内外の第一線で活躍している多くの卒業生が教員として着任しています。これは、国際医療福祉大学の伝統と実績の裏づけであることは間違いありません。

また、海外経験豊富な教員や地域基幹病院での臨床経験豊富な教員など、ベテランから若手まで優秀な教員が揃っています。学生指導では、以下に示す、学生が身に付けるべき4つの条件を教員が効率よく引き出せるよう学生支援に努めます。

  1. 「考える」ことを「愉しみ」ながら、主体的に行動できること
  2. 国際化に対応できる深い教養と幅広い知識、高度な技能を持つこと
  3. 理学療法士養成の大学 / 大学院教育(高等教育)を担う意識を持つこと
  4. 他者に共感し、社会のニーズを的確に捉えることができること

また、成田キャンパスでは、最先端の機器の導入と積極的な大学院生の受け入れ、さらには、学部―大学院―臨床施設の連携の充実により、世界における理学療法の臨床・教育・研究の拠点になるよう努力します。

入学定員

80名

将来の活躍の場

■病院・診療所 ■保健所など行政機関(公務員) ■リハビリテーションセンター ■介護施設・高齢者福祉施設 など

取得可能な国家資格(国家試験受験資格を取得できます)

■理学療法士