三宅 克也 教授

担当科目

看護学部看護学科(からだの探求Ⅰ)
保健医療学部全学科(解剖学)

専門分野

細胞生物学,組織学,解剖学

研究テーマ

細胞膜修復のメカニズム

研究業績

  1. 三宅克也,市川厚,Harvard大学名誉教授Dr.Susumu Ito,解剖学雑誌,91(1−2),p.1-4, 2016.
  2. Miyake, K., T. Tanaka, P.L.McNeil*, Disruption-Induced Mucus Secretion: Repair and Protection, PLoS Biology, 4(9):e276, 2006.
  3. Bansal, D., K.Miyake, S.S.Vogel, S.Groh, C.C.Chen, R.Williamson, P.L.McNeil, K.P.Campbell, Defective Membrane Repair in Dysferlin-Deficient Muscular Dystrophy, nature, 423(no.6936),168-172, 2003.
  4. McNeil, P.L*, K. Miyake, S.S.Vogel, The endomembrane requirement for cell surface repair, Proc Natl Acad Sci U S A.,100(8):4592-7, 2003.
  5. Miyake, K. and P.L.McNeil*,  Vesicle Accumulation and Exocytosis at Sites of Plasma Membrane Disruption, J. Cell Biol., 131(6)2:1737-1745, 1995.

学位・学歴

1987年
新潟大学農学部卒業
1989年
新潟大学大学院農学研究科修士課程修了
2000年
博士(医学)(福島県立医科大学)

職歴

福島県立医科大学医学部解剖学第2講座(助手)
米国ハーバード大学医学部解剖学・細胞生物講座(研究員)
米国ジョージア州立医科大学細胞生物・解剖学講座(博士研究員)
米国ジョージア州立医科大学・分子医学遺伝学研究所(Assistant Professor)
・細胞形態機能解析センター(Co-Director)
香川大学医学部組織細胞生物学講座(准教授)
国際医療福祉大学・基礎医学研究センター副センター長(教授)

日本ディスファーリノパシー患者会顧問
所属学会:日本解剖学会(評議員),日本顕微鏡学会,日本細胞生物学会,米国細胞生物学会

メッセージ

多光子レーザー顕微鏡や電子顕微鏡を使って細胞膜修復に関する研究をしています.共同研究大歓迎です.

連絡先

TEL:0476-20-7730
E-mail:kats5050@iuhw.ac.jp