松野 義晴 教授

担当科目

解剖学・解剖学実習

専門分野

肉眼解剖学、発生学、骨筋学

研究テーマ

  1. 基礎と臨床を統合する解剖学教育法に関する研究
  2. 解剖実習指導による教育効果に関する研究
  3. 解剖実習中に蒸散するホルムアルデヒドに関する研究

研究業績

Levels of formaldehyde vapor released from embalmed cadavers in each dissection stage
Sugata Y, Miyaso H, Odaka Y, Komiyama M, Sakamoto N, Mori C and Matsuno Y (Corresponding author).
Environ Sci Pollut Res Int. Published Online DOI: 10.1007/s11356-016-6744-82016  6 May 2016

Interpretation of multi-detector computed tomography images before dissection may allow detection of vascular anomalies: A postmortem study of anomalous origin of the right subclavian artery and the right vertebral artery
Sakamoto N, Miyaso H, Komiyama M, Sugata Y, Suzuki T, Kohno T, Iwase H, Hayakawa M, Inokuchi G, Mori C and Matsuno Y(Corresponding author).
Anatomical Science International 87(4) : 238-244, 2012

Attitudes of healthcare students on gross anatomy laboratory sessions
Kawashiro Y, Anahara R, Kohno T, Mori C and Matsuno Y (Corresponding author).
Anatomical Sciences Education 2(6) : 273-279, 2009

Formaldehyde exposure in a gross anatomy laboratory
-personal exposure level is higher than indoor concentration-
Ohmichi K, Komiyama M, Matsuno Y, Takanashi Y, Miyamoto H, Kadota T, Maekawa M, Toyama Y, Tatsugi Y, Kohno T, Ohmichi M and Mori C.
Environ Sci Pollut Res Int. 13(2) : 120-124, 2006

Effect of neonatal exposure to diethylstilbestrol on testicular gene expression in adult mouse: comprehensive analysis with cDNA subtraction method
Matsuno Y, Adachi T, Koh K-B, Fukata H,Sugimura A, Sakurai K, Shibayama T, Iguchi T, Komiyama M and Mori C.
Int. J. Androl. 27(2) : 115-122, 2004

学位・学歴

1988年
国際武道大学体育学部卒業
1991年
千葉大学大学院教育学研究科
修士課程修了(教育学)
2004年
千葉大学大学院医学薬学府
博士課程修了(医学)(短縮終了)

職歴

1994年
千葉大医学部 文部技官・文部科学技官・専門職員
2004年
千葉大学大学院 医学研究院 助手・助教
2006年
東京医科大学 人体構造学講座 客員講師(現在に至る)
2008年
千葉大学環境健康フィールド科学センター 講師【医学研究院 兼務】
2011年
千葉大学予防医学センター 准教授【医学研究院 兼務】
2016年
国際医療福祉大学 基礎医学研究センター 教授(現在に至る)
2016年
千葉大学 客員教授 (現在に至る)

所属学会
日本解剖学会

メッセージ

講義・実習を通して培われた“知識”という情報を正しく脳内にインプットし、その知識を基に適切な対応となるアウトプットを本学の学生の皆様に期待しています。そのためには、日々の努力の積み重ねが肝要です。応援します。頑張りましょう!