林 真理子 講師

担当科目

生理学
生理学(植物性機能)
生理学(動物性機能)
からだの探求I
生理学実習

専門分野

神経科学、薬理学、構造生物学、生化学、細胞生物学、分子生物学、生物物理学

研究テーマ

神経細胞・グリア細胞の相互作用とシナプス機能の成熟

研究業績

A Temporary Gating of Actin Remodeling during Synaptic Plasticity Consists of the Interplay between the Kinase and Structural Functions of CaMKII.
Kim K, Lakhanpal G, Lu HE, Khan M, Suzuki A, Hayashi MK, Narayanan R, Luyben TT, Matsuda T, Nagai T, Blanpied TA, Hayashi Y, Okamoto K.
Neuron. 2015 Aug 19;87(4):813-26

The transmembrane transporter domain of glutamate transporters is a process tip localizer.
Hayashi MK, Yasui M.
Sci Rep. 2015 Mar 12;5:9032.

Expression and localization of aquaporin-4 in sensory ganglia.
Kato J, Takai Y, Hayashi MK, Kato Y, Tanaka M, Sohma Y, Abe Y, Yasui M.
Biochem Biophys Res Commun. 2014 Sep 5;451(4):562-7.

A general anaesthetic propofol inhibits aquaporin-4 in the presence of Zn²⁺.
Kato J, Hayashi MK, Aizu S, Yukutake Y, Takeda J, Yasui M.
Biochem J. 2013 Sep 1;454(2):275-82.
The postsynaptic density proteins Homer and Shank form a polymeric network structure.

Hayashi MK, Tang C, Verpelli C, Narayanan R, Stearns MH, Xu RM, Li H, Sala C, Hayashi Y.
Cell. 2009 Apr 3;137(1):159-71

学位・学歴

1991年
東京大学理学部生物化学科卒業
1993年
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程修了
1997年
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻課程博士(理学)

職歴

1996年
理化学研究所 基礎特別研究員
1997年
米国コールドスプリングハーバー研究所 Postdoctoral Fellow
2000年
米国マサチューセッツ工科大学  Senior Postdoctoral Associate
2009年
慶応義塾大学医学部 助教
2016年
国際医療福祉大学 基礎医学研究センター講師

所属学会
日本薬理学会、日本神経化学会(評議員)

メッセージ

大学で初めて本格的に生物学を学ぶ皆さんにも、人体の巧妙な仕組みについて興味を持って学べる授業を心がけています。