1. ホーム
  2. バックナンバー
  3. 理学療法学科:理学療法士講習会「臨床を豊かにするための理学療法研究の基礎」を開催

理学療法学科:理学療法士講習会「臨床を豊かにするための理学療法研究の基礎」を開催

2017/11/24

10月15日(日)、成田キャンパスにて、千葉県理学療法士会主催(日本理学療法士協会認定)の理学療法士講習会が開催されました。成田キャンパスの理学療法学科の教員(西田裕介教授、河野健一講師、竹内真太助教)も講師として参加しました。
この講習会は、研究活動未経験の方や、研究に興味があるが、その方法がわからないという理学療法士を対象に、研究を始めるために必要な研究疑問の見つけ方から研究計画の立案という基礎の部分を学んでいただくために開催されました。

内容は以下の通りです。

  • 理学療法研究概論:研究の意義と科学性
  • 仮説の立案1:研究疑問の見つけ方(研究目的の明確化)
  • 仮説の立案2:文献レビューの重要性(研究方法論の確立)
  • 統計学の基礎:代表値とバラツキから現象をとらえる
  • 研究倫理と社会貢献

東北地方から近畿地方まで、多くの理学療法士が参加し、皆さん熱心に受講してくださいました。成田キャンパスの理学療法学科では、今後も理学療法における科学的根拠の構築に貢献するために、理学療法研究に関する講習会を適宜計画していきたいと考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

(成田保健医療学部 理学療法学科 助教 竹内真太)