1. ホーム
  2. バックナンバー
  3. 成田キャンパス学生の第25回全国競技かるた多摩大会優勝について

成田キャンパス学生の第25回全国競技かるた多摩大会優勝について

2017/7/24

成田保健医療学部言語聴覚学科2年の澄川真依さんが、7月17日(月)に東京都の多摩市立武道館で行われた『第25回全国競技かるた多摩大会』のA級の部において、見事優勝を果たしました。この大会は男女混合で世代を問わず、各階級に分かれて行う全国大会のひとつで、澄川さんはA級の全7戦を勝ち抜きました。

澄川真依さんのコメント
「今回の大会には、関東地区の方だけではなく、関西地区や東北地区の方も参加していて、1試合あたり約1時間半を戦い抜き、決勝戦では、自分と同じ大学生に勝って優勝することができました。全日本大学かるた選手権以外のA級の大会では、初めての優勝だったので、とてもうれしいです。大会当日に最後まで応援してくれた方々にも感謝しています。

また今年から大学にかるた部を作り、4月から活動しています。経験者の方も、初心者の方も仲良くかるたの練習をしています。今後は個人戦だけではなく、団体戦でも大きな大会に出場したいと思っています。今年の8月27日(日)に行われる『第104回全国職域学生かるた大会』に大学のかるた部として初めて団体戦に参加するのでみんなで頑張りたいです。」

澄川さんは高校1年生の時にA級に昇格し、今回の大会以外にも多くの大会に出場しています。かるた部としての活動をスタートさせ、今後の活躍にも期待しています。


賞状を持つ澄川さん

大会当日の表彰式

優勝カップを持つ澄川さん

優勝記念撮影