1. ホーム
  2. 大学案内
  3. メッセージ

メッセージ

理事長のご挨拶

理事長 高木 邦格

理事長 高木 邦格

国際医療福祉大学は、医療福祉専門職の育成とその地位向上を志し、1995年に開学した「日本初の医療福祉の総合大学」です。医療福祉の高度化・専門化に対応できる高い技術と知識、優れた判断力と教養を併せ持つとともに、それぞれの専門分野において指導者となりうる人材を育成しております。現在、栃木県大田原市、千葉県成田市、神奈川県小田原市、福岡県福岡市および大川市の5キャンパスに8学部21学科を持ち、大学院まで含めると約7,500人の学生が学ぶ大学となりました。

国際医療福祉大学は、障害を持つ人も健常な人も、互いを認め合って暮らせる「共に生きる社会」の実現を建学の精神とし、「人間中心の大学」「社会に開かれた大学」「国際性を目指した大学」という3つの基本理念と7つの教育理念を掲げ、これらの理念のもと、優れた人間性を兼ね備え「チーム医療・チームケア」に貢献できる専門性の高い人材教育を行っております。

本学の特長として、附属・関連施設の充実と、各分野における第一人者による教育があげられます。栃木県の国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学塩谷病院、東京都の国際医療福祉大学三田病院、静岡県の国際医療福祉大学熱海病院という4つの附属病院のほか、「臨床医学研究センター」という位置づけの関連医療福祉施設を多数保有しておりますので、実習面においても非常に恵まれた環境が整っています。また、栃木県の大田原キャンパス内には、障害者支援施設やリハビリテーション施設、特別養護老人ホーム、栃木県で唯一の情緒障害児短期治療施設、アジア有数の言語聴覚センターを併設した大学クリニックなど5つの医療福祉施設を併設しており、学生たちが日常的に高齢者や障害を持つ方と触れ合える環境は、本学ならではの特長の一つです。教育陣についても、学部長・学科長をはじめ、各分野の第一人者が実際に学生の教育にあたっているほか、附属病院および関連施設においても、さまざまな分野で著名な医師や専門スタッフが一丸となって、学生の臨床実習にあたっております。

本学は、2016年4月、千葉県成田市に2学部5学科(成田看護学部/看護学科、成田保健医療学部/理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科・医学検査学科)の新キャンパスを開設いたしました。首都圏における医療福祉専門職不足の解消に貢献するとともに、国際的に活躍できる人材の育成をめざして、国際性を重視したカリキュラムの整備や教育陣に国際経験の豊富な人材を揃えております。

昨今、大学生の就職率低下が問題となっているなか、本学では、毎年約100%という就職率を実現しております。これは、これまでの卒業生の活躍をはじめ、国家試験合格率や教育の質の高さをご評価いただき、たくさんの求人をお寄せいただいた賜物です。全国の医療福祉の現場では、すでに19,000人を超える本学の卒業生たちが活躍しております。将来の日本の医療福祉分野を切り拓いていく優秀な人材が、これからも本学から多数輩出されて いくことを期待してやみません。

学長のご挨拶

学長 大友 邦

学長 大友 邦

本学は、1995年に栃木県大田原市に日本初の医療福祉の総合大学として開学し、おかげさまで昨年創立20周年を迎えました。現在は大田原市のほか、今春開設した千葉県成田市、神奈川県小田原市、福岡県福岡市と大川市の5キャンパス8学部21学科に、大学院を含めますと約7,500人の学生が学んでおります。これまでに約19,000人を超える卒業生を全国の医療福祉の現場に輩出し、高いご評価をいただいております。

成田キャンパスでは、国籍を超えた「チーム医療・チームケア」を実践できるとともに、国際医療協力にも貢献できるグローバルな人材育成をめざしております。特長のひとつとして、国際的に通用するコミュニケーション能力を磨くためのカリキュラムに重点を置き、海外の提携医療機関で各国の医療事情の実態を学ぶ科目を全学生必修にいたしました。また、英・独・仏・西・中・韓・タイ・ベトナム・ビルマ語など9ヵ国語の授業が選択できるほか、全編英語のオリジナルテキストを使用し、5キャンパス間の教育の共通化を図っております。教員には、長年JICAで国際協力に尽力してきた人材など、海外経験が豊富で優れた国際感覚を持った人材を数多く迎えました。

現在、医療福祉の現場では「チーム医療・チームケア」が不可欠です。本学は医療福祉の総合大学である利点を生かし、「関連職種連携教育:IPE(Interprofessional Education)」 を推進してまいりました。学生たちが学部・学科を横断したチームを編成して臨床実習まで臨むのが大きな特長です。在学中に「チーム医療・チームケア」を体験できる本学独自のカリキュラムで、1年次から4年次まで体系化されたカリキュラムを通じて、「チーム医療・チームケア」の考え方やスキルを修得し、国際的な現場で求められるコミュニケーション能力を身につけます。これは4つの附属病院をはじめ充実した関連施設を多数持ち、5学科がひとつのキャンパスで学ぶ医療福祉の総合大学だからこそ可能なカリキュラムでしょう。

2017年4月には、成田看護学部・成田保健医療学部の隣に医学部の新設を予定しております。昨年11月に政府の国家戦略特区諮問会議で、本学がこれまでにない医学部を新設する計画が認められました。国際性を重視しながら、診療参加型の臨床実習を2年以上行うなど世界の標準を上回るカリキュラムによる医学教育を実現し、高い診療能力と英語によるコミュニケーション力を身につけた国際的な人材育成をめざしてまいります。さらに、近隣の畑ヶ田地区には600床規模の附属病院や最先端の医療機器を整備したトレーニングセンターの設置なども計画しております。

本学の建学の精神である、「障害を持つ人も健常な人も互いを認め合って暮らせる『共に生きる社会』の実現」は開学以来一貫して継承されてきたものです。この建学の精神のもと、医学的技術とそれを支える科学、そして慈恵の心が培われる教育環境が本学には備わっております。近い将来、成田キャンパスで学ぶことを希望されている皆様が、本学の充実した教育スタッフと教育環境を十分に活用され、勉学のみならずスポーツやボランティア活動をとおして人格形成に精進し、医療福祉のリーダーとして国内外で幅広く活躍されることを期待しております。

総長のご挨拶

理事長 高木 邦格

総長 矢﨑 義雄

この度、わが国最大級の国際空港を有する成田市に新しいキャンパスを設け、2学部5学科を開設いたしました。本学は、1995年に日本初の医療福祉の総合大学として開学しました。「各分野の第一人者である教授陣」、「充実した 附属病院・関連施設」、「高い国家試験合格率」、「圧倒的な求人数と就職率の高さ」、「活発な国際交流」などの特色があ り、現在は、大田原・成田・小田原・福岡・大川の5キャンパスに8学部21学科を擁し、約7,500人が学ぶ大学へと発展し、19,000人を超える卒業生が医療福祉の第一線で活躍しています。

新しい成田キャンパスでは、このような実績をもとに、国際都市・成田にふさわしい国内外で活躍できる国際的な医療 人材を、先駆的なコンセプトによる新しいカリキュラムで養成いたします。とくに重点的な取り組みとして、「海外経験 豊富な講師陣による国際性豊かな先端的なカリキュラムでの教育」、「9か国、約20施設におよぶ海外連携機関での海外 研修」などがあります。

さらに、本学の開学以来の教育理念である「チーム医療・チームケア」を実施するための医療関 連職種連携教育を一層充実する取り組みも行います。これからの超高齢社会に向けて、医療福祉の専門職が連携・協力し て治療やケアにあたることは欠かせません。成田キャンパスでは5学科を同時に開設することにより、入学時から連携教 育が一斉に行えるようカリキュラムが工夫され、高い専門性ばかりでなく、幅広い視野を持ち、コミュニケーション能力 に優れた医療職を育成することになります。

超高齢社会を迎え、今後さらに医療福祉人材の重要性が高まるのは間違いありません。こうした時代のニーズに応えた 先端的な教育を行い、優れた人材を輩出している本学で、医療福祉をめざす志の高い方々とお会いできますことを楽しみ にしております。

成田看護学部長のご挨拶

成田看護学部長

成田看護学部長
山下 香枝子

今、社会は少子・高齢社会を迎え、日本のみならず世界中の医療や生活の場では、優秀な看護職が求められています。成田看護学部は、‘このような社会の期待に応えたい’と看護を学び・実践力を身に着けることへの希望に満ちた108名の学生を迎えることができました。

看護を学び・実践力を身に着けることを達成するために、成田看護学部では、①看護の専門性の知識・技術の修得、②予測しづらい災害・感染等へも専門性と情報リテラシーを生かす対応技法、③国内外で活躍できるグルーバルな視点の拡大、④生涯にわたって看護の専門性を追求する信念とモチベーションの維持・発展等々で構築した特色あるカリキュラムが用意されています。

さらに、そのカリキュラムを効果的に教育・指導できる教授陣も多数そろっています。すべてのリソースを活用し、視野を広め、視座を見出し、理解を深めることに役立てほしいと考えます。 他方、成田保健医療学部生を加えた成田キャンパス第1回生369名は、非常に意欲的で、大きな期待が寄せられます。

その理由は、既に他キャンパスで学んだ・学んでいる先輩たちからの母校に寄せる声を聴き、20年余の歴史や足跡を眺め、自分たちも成田キャンパス第1回生として新たな第1ページを刻んでいきたいと熱意を燃やしているからです。日々の大学生活の中で多学科連携しながら、素晴らしい大学祭名「成翔祭:成田を軸に活動し、国内外に発信・飛躍していく」を命名し、早くも連携の強みを実践しています。

このように各学部・学科の特徴を踏まえたカリキュラムと共に、学部・学科が横に繋がり、違う視点から相互に話し合うことによって、学生さん達の視野は広まり、相互理解や発想法が産生されているからです。 成田看護学部は、成田キャンパスの中で、違う学部学科と一緒に活動することにより、独自性と共通性を身近に理解し、真のチームワークを構築していく教育の機会に恵まれています。この機会を存分に生かして、新たな看護学・看護教育が再構築されることを期待したいと思います。

成田保健医療学部長のご挨拶

成田保健医療学部長

成田保健医療学部長
杉原 素子

成田保健医療学部では、医療福祉の総合大学である国際医療福祉大学ならではの「関連職種連携教育」を新キャンパスでも実現すべく、学部および学科間の教育・研究の結びつきを大切にいたします。

この「関連職種連携教育」が、学生の学際性や人間性の涵養に資することは、これまで本学が行ってまいりました教育の成果からみて明らかです。また、さまざまな専門職をめざす他学科の学生たちとの関わりにより、自分たちの専門性を相対的に捉える力も養われます。

また、いろいろな国際系の科目、国内外での実習、国際経験豊かな教員による教育指導、外国からの留学生や研修生との交流を通して国際性を培います。背景にあるその国の歴史、文化、教育や保健医療福祉に関わる制度を知り、そのうえでそれぞれの専門職の立場から解決しなければならない課題を見出すことができる力を養います。

こうした学際性・人間性・国際性をめざす教育を通して、卒業後に保健・医療・福祉・教育・職業等の各領域で、自らの専門性や専門職のあり方を概観できる、高度な専門職の道を歩み始めることを期待しています。

国際的に活躍する教員からのメッセージ

成田看護学部 看護学科

(着任予定) 宮本 圭

成田看護学部
看護学科
宮本 圭

国内外の看護教育に従事。難民の大量帰還時の移動診療も経験

私は1990年代後半、コンゴ民主共和国(旧ザイール)にある難民キャンプ内の診療所に看護師として赴任しました。不安定な治安、厳しい気候や生活環境、言語の問題、それに加え日本で経験した大学病院での医療との差異、看護師の役割の違いなどに困惑しました。

しかし、難民でもある現地の看護師たちとの協働によって、多様な医療のあり方や看護業務の広さを知り、この経験は今でもかけがえのない宝物です。その後もいくつかの国で国際協力に従事し、ネパールでは混沌とした政治情勢の中、看護師国家資格制度の準備段階から実施を支援しました。

今、世界は小さく近くなりつつあります。保健医療の課題はより多重化し、グローバル化してきていると言えるでしょう。国内にかぎらず活躍できる看護師として、国際的な広い視野のもと課題を俯瞰して柔軟に英断し行動できる人材が求められています。私の経験を伝えながら、国際的に活躍できる専門職を育てたいと考えています。

成田保健医療学部 医学検査学科

(着任予定) 宮本 圭

成田保健医療学部
医学検査学科
工藤 芳子

開発途上国における国際協力分野で活躍

体の変化をデータとして観察する「臨床検査」は、人々の健康を支える医療に欠かせません。日本の臨床検査技師は高い知識と技術を持ち、チーム医療のなかで大きな役割を果たしています。私は臨床検査技師として、カンボジアやフィリピンなどさまざまな国で国際医療協力を行ってまいりました。

これは、臨床検査技術を通した医療システムを相手国の方々と一緒に造る仕事です。活動の時に私が心がけていることは「相手に選択してもらう」ことです。困っている人にお金や物をあげても、それを使い果たしたらおしまいです。

でも「自分で選び取った知識」を身につけてもらえば、私が帰国しても相手国には人材が残り、自国の医療を運営しながら発展させることができます。

臨床検査技師になるための勉強は大変ですが、私たち教員は、世界で活躍できる人材の育成をめざして全力でがんばります。